イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

東京スカイツリー~亀戸ポタリング

新東京タワーこと東京スカイツリーから亀戸まで、
愛車ラレーで走ってきました。
c0027849_1733619.jpg


この新タワー、最寄り駅は業平橋か押上なのですが、
北十間川のほとりに建っていることの方が重要です。
川でアプローチできるタワーなのです。
船でがアクセス手段になりうるということなのですね。

とりあえず周囲を撮影。
船の姿はありませんが、河川工事も行われていることから、
完成後は何らかの動きがあるのではと思います。

c0027849_1765596.jpg
意外だったのは、
私同様、カメラ片手に
うろついていた人が多かったこと。


定点観測しておけば、のちのち記録にもなりますよね。


ここから北十間川沿い道を東へ走ります。
ここが、亀戸へ下る横十間川とのジャンクション。
c0027849_1785263.jpg


振り向くと、ここからはタワーがこんな感じに見えます。
c0027849_1792880.jpg


ジャンクション付近には、ちょっとした側道もありました。
自転車も降ろせます。
c0027849_17105274.jpg


c0027849_17115726.jpgでも、すぐに行き止まりに
なっちゃうんですよ。
この川の不連続性、
どこでも見られますが、
なんとかならんもんですかねぇ。



ここからは横十間川に沿って亀戸を目指します。

このあたりって、やけにうなぎ屋が多いんですが、
昔は獲れたんでしょうか?
c0027849_1722498.jpgこのお店なんて、
メニューもないし、
高級そうだし、
入るのに勇気がいりませんか?



横十間川の途中にはカッターを下ろす場所も。
c0027849_17134750.jpg


この船着場は、現在は「自然釣堀」として利用されているようです。
c0027849_17143776.jpg
なんで船が来ないんでしょうかね?
でも、ここからタワーまで、
船だったらすぐですよ。



亀戸では、お約束の天神様へ。
c0027849_1717568.jpg

亀戸天神は、水の神様なんですね。

c0027849_17184015.jpgそれと、亀もこんなに!


c0027849_1719291.jpgこちらは岩の上でお休み中。


c0027849_17192985.jpg
のんびり泳いでます。



ちなみに、亀戸は亀有とは違いますw
両さんの交番は亀有。
どっちも下町だから混同しますよね。

c0027849_17231044.jpgせっかくなのでウソも買っておきます。



今日の昼はサンドイッチだけでした。
それもこれも、この一瞬のため!


c0027849_17233364.jpg一度来てみたかった「亀戸餃子」。
今は仮店舗での営業だそうで、
うわさと違ってなかなかきれいでした。


c0027849_17234647.jpg
このお店の特徴は、
食べ物のメニューは餃子しかないこと、
座ると自動的に2皿出てきて、
あとは追加注文というスタイルなこと。
餃子の皿が空きそうになると
「追加します?」と聞かれます。
ちなみに1皿250円なので、
最低料金が500円。
私はビール飲んだので、
お会計は1050円でした。



そして〆は「菜苑」の純レバ丼。
c0027849_17242164.jpg


レバーって、なんかもそもそした食感が特徴で、
あれがあってこそレバーだと思っていたのですが、
ここのはそんな感じがまったくしません。
甘辛いタレにたっぷりのネギがこのお店のウリだとか。

お値段は、ちょっと高めの1100円。
丼もので四桁は高すぎるような気もしますが、
たまにはいいでしょう。

北十間川と横十間川、
どちらもまた改めて探索する必要がありそうですね!
[PR]
by narrowboat | 2009-08-01 17:09 | 日本の運河と川 | Comments(0)