イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

マンチェスター ~カッスルフィールド周辺

マンチェスターは、バーミンガムと並んでイギリス運河のメッカです。
複数のエリアに分かれているので、一つずつご紹介していきます。

まずは市の中心部に位置するカッスルフィールドとその周辺から。
c0027849_22575666.jpg


カッスルフィールドへは、
鉄道駅だとDean's Gate、トラムだとG-MEXで下車が便利です。

運河を中心に再開発が進められたエリアとして、
日本でもしばしば紹介されています。

c0027849_2303616.jpg


c0027849_2313069.jpg



何回か来ていることもあって、ここ数年の変化を見ることが目的だったのですけど、
特に目新しいものはなく、お店の数も増えていませんでした。
c0027849_23135279.jpg


いくらイギリスといえども流行り廃りはありますから、
かつてマンチェスターでホットな場所だったのも今は昔、
になってしまったのかもしれません。

カッスルフィールドからロッチデール運河に沿って歩きます。
c0027849_23145753.jpg


c0027849_23152044.jpg



ロッチデール運河は、10年前の留学時代にはまだオープンしていませんでしたね。
今では街中にもボートが入ってくるようになりました。
c0027849_23165787.jpg



そのまま歩き続けると、カナル・ストリートという場所に出ます。
c0027849_2317353.jpg


運河沿いにパブが並び、週末はかなりにぎやかですね。
でもここ、別名「ゲイ・ストリート」とも呼ばれ、
その手の方々だと思われる姿も多かったですね。
こんな名前のパブもあるくらいですから。
c0027849_2320251.jpg




さて、運河がピカデリー駅を越えると、そこがピカデリー・ベイスン。
c0027849_2323311.jpg


ここから水路がアシュトン運河に分岐します。

この付近は住宅地と運河を組み合わせて再開発したようですね。
c0027849_23245680.jpg

10年前、ほとんどドブ川に近かった運河をここまで再生する姿勢を見ると、
21世紀における運河の活用法は無限大だということを改めて思わされます。
[PR]
Commented by 株の初心者 at 2014-07-30 15:29 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by narrowboat | 2010-09-11 22:35 | 運河取材 | Comments(1)