イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブロンプトン(自転車)のイギリスの旅が雑誌に掲載されました

このブログでも先日ご紹介したロンドンの運河での取材が、
『自転車と旅』(Vol. 3)に掲載されました。

記事は、まずストラトフォードからエイボン川をナローボートで下ります。
利用させてもらったのは、
もちろんナローボートガイド社(旧キャプテンプーク・カナルボート)
アット・イーズ号。
c0027849_6545183.jpg

昨年竣工したばかりの新造船です。

アンディ&あつこさんにも試乗していただきました。
c0027849_6553729.jpg

ここは、エイボン川沿いにある隠れた名所、ウェルフォード。
萱葺き屋根の、趣のある家が並ぶ静かな村です。


さらに、ロンドンではリージェンツ運河を完走。
c0027849_657745.jpg

ライムハウス・ベイスンからブレントフォードまで、
トゥパスをのんびり走ったときのレポートが掲載されてます。


こちらに掲載されている記事で私が乗っている自転車、
実はこのときイギリスで購入したものなんです。

ブロンプトンという、日本でも人気の高い折りたたみ自転車なのですが、
他の多くのブランドと違って完成車輸入なので値段がやたら高い!
でも、今はポンド安のこともあり、イギリスでは日本の販売価格の30%オフくらいで買えるんですね。

そのブロンプトンの本社がリージェンツ運河の終点、
ブレントフォードにあるんです。
c0027849_6573114.jpg

もちろん、買ったのはこの本社ではないのですが、
運河を走りきって最後に里帰り、みたいな感じになりました。
[PR]
by narrowboat | 2011-02-16 06:58 | 運河の本、ビデオなど | Comments(0)