イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

荒川と新河岸川に、江戸時代の舟運の面影を見る

週末、埼玉県上尾付近のサイクリングに出かけました。

荒川に出てみると、ここに渡し舟があったことを紹介する案内板がありました。
c0027849_2292176.jpg

「畔吉の渡場」というのですね。
案内板によると、荒川で江戸に運ぶ米を扱う船問屋が、
このあたりにはたくさんあったそうです。

そして今度は新河岸川。
c0027849_229392.jpg

川越から江戸まで、夜通しで人や物資を運んだ「川越夜船」が通った道です。
川越が「小江戸」と呼ばれるのは、
江戸で流行っている小物や髪飾りを帰りの船に積んでいたため、
川越では江戸の文化や風俗がほぼタイムリーに伝わったからです。
[PR]
by narrowboat | 2013-01-22 22:11 | 日本の運河と川 | Comments(0)