イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

羽田空港~秋葉原の運河クルーズ

羽田空港から秋葉原まで、船でアクセスする社会実験が、
9月下旬のシルバーウィーク前後に行われます。

運航を担当する会社のサイトによると、
区間は羽田空港~品川(天王洲)~秋葉原(万世橋)。
実施日が8日間だけということもあるのか、
すでにほとんどの便が売り切れています。

ちょうどこのあたりの日に羽田空港に帰着する予定がある私、
かなり興味があり、
増便を期待しているところなのですが、
注意書きを読んで、ちょっとためらっています。

ペットの乗船及びクーラーボックス等、かさ張る大きな荷物のお持ち込みはお断りしております。

このクルーズは、羽田空港に到着する客(おもに外国人)が、
船で直接秋葉原なり都心に乗りつける利便性を評価するもの。

だとしたら、ほとんどの人が「大きな荷物」を持っているはずです。

「かさ張る大きなお荷物」
とはどの程度か明記されていませんが、
いわゆる海外旅行用のスーツケースがNGなのであれば、
利用できる人は限られてきます。

まあ日本の社会実験は、往々にして「最初に答ありき」で、
「実験で高い評価を得ました」
というアリバイ的なデータを取るためだけに実施しされますから、
アンケートが集まれば、つまり乗客が集まりさえすれば、
荷物のことなんてどうでもいいのかもしれません。

そうはいっても乗ってはみたいので(笑)、
羽田空港から荷物を宅配便で送るとか、するしかないですかね。


羽田空港といえば、8年前に、知人の所有するボートで、
その下までクルーズしたことがあります。
c0027849_11571875.jpg

アプローチの真下から見る飛行機は、なかなかの迫力でした。


船よる空港へのアクセスは、関西国際空港など、
日本のほかの空港、また外国にもありますが、
どこかまで普及するかは、頻度、料金設定など、
いろいろな条件が関わってくると思います。
[PR]
by narrowboat | 2015-09-08 11:24 | 日本の運河と川 | Comments(0)