イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『あさが来た』と、土佐堀川

9月にスタートしたNHKの朝ドラ『あさが来た!』、みなさんご覧になっていますか?
前回が超つまらなかったこともあって(笑)、
新しいドラマのスタートアップはなかなか楽しく観ている私です。

さて、このドラマの原作は『土佐堀川』という小説ですが、
土佐堀川とは、大阪市内を流れている大きな川の一つ。

大阪の人が「大川」と呼んでいる旧淀川は、
川の中州でもある中之島で二又に分岐。
島の北側が堂島川、そして南側が土佐堀川です。

ドラマは始まったばかりですし、小説も読んでいないのですが、
想像するに、主人公あさが嫁入りした両替屋は土佐堀川近くにあるのでしょう。

ドラマでも、川のシーンがたくさん出てきます。
明治初期の土佐堀川がどれほどの大きさだったのかは知りませんが、
テレビでは、セットなので、かなり小さい。

また、「(兄の死で)婚礼を延期してくれ」と頭を下げに来た加野屋の親子は、
大阪から京都まで船で来たことになっていました。
これは間違いなく、大阪から淀川を遡り、
枚方経由の舟運です。

宮﨑あおい扮するあさの姉、はつが京都から大阪へ嫁入りするシーンも、
同じように船が使われていましたが、
船の大きさからみると、京都を出たところで三十石船などの大型船に乗り換えたのかもしれません。



前の記事でも報告したMIZBERINGワークショップの会場となったのは堂島川沿いのホール。
その前には、船着場もあります。
c0027849_11344198.jpg


ドラマでは、主人公あさがどんどん新しいビジネスを展開していくようですから、
彼女が船に乗るシーンも出てくるかもしれませんね!
[PR]
by narrowboat | 2015-10-27 11:38 | 日本の運河と川 | Comments(0)