イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「通運丸」も通った新川を歩く Shinkawa River, Tokyo, JAPAN

明治時代、東京の両国や高橋と千葉の銚子を結んでいた蒸気船、
「通運丸」の記事は何度か記事にしましたが、
その航路のうち、様子がよくわからなかった「新川」を見てきました。

「通運丸」の一般的なルートは、
両国(高橋)~小名木川~江戸川~利根運河(開通前は関宿経由)~利根川~銚子
と記述されたものが散見されます。

しかし、小名木川は隅田川と荒川を東西に結ぶ運河ですので、
荒川より先、江戸川までさらに東進しなくてはなりません。

その水路が新川というわけです。

こちらの情報によれば、元々このあたりには自然河川が存在していましたが、
船の航行には不便だったため、流路を直線化、
すなわち「運河」建設工事を行ったのだとか。

その命を出したのは徳川家康。
家康による小名木川の掘削は知っていましたが、
この新川もほぼ同時に開通したようです。

家康は、カナル・プロモーター&ビルダーとして、
もっと注目されてもよい人物なんじゃないでしょうか。


今回は、都営新宿線の船堀駅で下車し、徒歩で新川へ向かいました。
駅前の大通りを南下すると「宇喜田橋」で新川とクロスします。
c0027849_21131797.jpg

ウキタと言えば、関が原の合戦で秀吉側に最後までついたのが災いして
八丈島に流刑された宇喜多秀家を思い出させますが、
この記事によると、直接関係はないようです。

川辺に下りると、両岸に遊歩道が設置されていました。
c0027849_16434593.jpg


所々にある案内図。
c0027849_16414582.jpg

川沿いには桜が植樹されていて、花見シーズンは賑わうんでしょうね。

ところで「船堀」というのは、運河ファンには聞き捨てならない(笑)名前です。
新川も、昔は船堀川と呼ばれていたそう。

宇喜田橋から川の西端の出入口まで歩いていくと、船のオブジェが現れます。
まず「通運丸」。
c0027849_16441170.jpg

「通船」と呼ばれていた定期船。
c0027849_16443213.jpg
「通運丸」に比べると小型?
東京~銚子間を、時に夜通しで走った「通運丸」に対して、
比較的短距離に就航していたようです。
時期的にも、「通運丸」より遅い大正時代、
鉄道がどんどん開通して、長距離の「通運丸」の客足が減ってからのことでしょう。

「高瀬舟」は、江戸時代から使用されていた小型の貨物船。
c0027849_16445377.jpg

これらの船と新川の歴史が、この碑に刻まれていました。
c0027849_21274474.jpg


徒歩10分ほどで「西水門」に到着。
c0027849_1645732.jpg

残念ながら、水門はすでに取り壊されていて、
このような注排水施設があるのみ。
c0027849_16473451.jpg
もちろん、江戸川との間の船の出入りもできません。
かつてはここに水門があったのですが、もっぱら地盤沈下を抑えるために水位の調整をするのが目的で、
船の利用は想定していなかったようです。

こちらが、在りし日の西水門の写真。
c0027849_2138088.jpg

水門の一部が、モニュメントとして残されています。
c0027849_21384162.jpg

広場にある火の見櫓。
c0027849_16462421.jpg

当時、こんな櫓がここにあったわけではなく、
お江戸の雰囲気を出すために近年建築されたものでしょう。
本来、ここは江戸川とのジャンクションですから、
灯台のようなものがあってもおかしくはないですが、
江戸時代、そして明治、大正と、航路標識のようなものがあったのかどうかは不明です。

週末には火の見櫓の見学も可能です。
c0027849_164640100.jpg

水門の外側、荒川沿いには警視庁湾岸警察署の派出所がありました。

湾岸署は、警視庁の中で唯一船を所有する水上安全課があるそうです。
c0027849_21515815.jpg
ジャンクションに派出所とは、まるで「船番所」みたいですが、
ここに立地しているのは、単なる偶然なのかもしれません。
c0027849_1648437.jpg


ここで突然の豪雨に見舞われましたが、
小止みになったところで、新川沿いを東へ、
すなわち江戸川方面に歩きます。

川にせり出したテラス。
c0027849_21545233.jpg

歩行者と自転車専用の木製の橋も多いです。
c0027849_21555130.jpg

川の下を駐車場として利用している所も。
c0027849_21563421.jpg

遊歩道の植物は、パブリックスペースなのか、個人の庭なのか、
すでに混ざり合っているようです。
c0027849_21574924.jpg

植樹された桜も、ソメイヨシノだけではありません。
c0027849_21585839.jpg














昔、桜の記事を雑誌で書いたことがあるのですが、日本の桜は、秋の一時期を除いて何かしらの種類が開花しているので、新川では1年を通して花見ができるのかも。


新川の遊歩道は約3kmありますが、
そのほぼ中間点にあるのが「新川さくら館」
c0027849_2241576.jpg

中にはカフェもあって、さくらのケーキとコーヒーのセットをいただきました。
c0027849_225468.jpg
こういう施設を区営(おそらく)で設置するとは、江戸川区もなかなかやります。
30分ほど休憩して、再び川の旅を続けます。

この東屋は、目的は不明ですが、単なる休憩所のようです。
c0027849_2271271.jpg
さきほどほめたばかりの江戸川区ですが、
こんなに短い利用時間とは、お役所的でいただけません。
c0027849_2281084.jpg
もっとも、時間が来たらどうやって閉鎖するのか、よくわかりません。

船が着けそうな階段。
c0027849_2294765.jpg
春の花見の時期など、船が出るのでしょうか。

カモもここを住処にしているようです。
c0027849_22112530.jpg


この橋は、上面が広場になっている「花見橋」で、そのネーミングから、
おそらく花見のシーズンにはイベントなんかが開催されるのではないでしょうか。
c0027849_22122164.jpg
橋下のクリアランスがとても低く、船が通過できそうもないのが残念。

終点の東水門の手前にある新川口橋が見えてきました。
c0027849_22165945.jpg

水門の向こう、江戸川からは轟音を立てて水が流れ込んできていますが、
西水門と同様、船の出入りはできません。

新川口橋の上の児童公園には、こんな立札がありました。
c0027849_22192863.jpg
このあたりで梨が栽培されていたとは。

写真ではよくわかりませんが、東水門の内側は屋形船の船溜りになっていました。
c0027849_22213346.jpg

江戸川側から水門を撮影。
c0027849_22204074.jpg


航路としてはすでに「死んでいる」新川ですが、
閉ざされた水路だからこそ、もっと船を使った遊びが通年で行われていてもよさそうな気もしました。
[PR]
by narrowboat | 2016-08-02 22:30 | 日本の運河と川 | Comments(0)