イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

米子、松江の内陸水路

折りたたみ自転車を持って、山陰を旅したときのレポートです。

大橋川にあった神社。
c0027849_20202974.jpg
船で参拝するんでしょうね。

天神川沿いを、自転車でゆっくり走ります。

無粋な柵もなく、水辺がとても近く感じます。
長い間、川と親しんでいた地域なんでしょう。

松江市内の堀川巡り。
c0027849_20211722.jpg
時間がなくて乗れませんでしたが、いつか体験したいですね。
川沿いのカフェも、よい感じでした。
c0027849_20253873.jpg


翌朝、米子市内を1時間ばかり回りました。
c0027849_20322957.jpg

知らなかったのですが、米子にも掘割っぽいところがあるんですね。
地図には旧加茂川とあります。

おもしろいのは、お店や住居が、
自分専用の橋を架けているところです。
c0027849_20341033.jpg

c0027849_20351147.jpg

c0027849_20354287.jpg

かなり寂れているエリアではありますが、
ちょっと工夫すれば、人が集まりそうな感じです。

現在でも、夜には賑わう場所なのかもしれませんが・・・・・。
複数のバーが入居している、川沿いの古いビルは、
トイレも共同です。
c0027849_20372429.jpg


遊覧船もあるんですね。
c0027849_20383268.jpg

この先は、中海に通じています。
c0027849_203948.jpg

川に向いている蔵の扉は、船への荷下ろしをしていた時代を偲ばせます。
c0027849_20405860.jpg


再び松江へ。
宍道湖北岸をサイクリングしていて立ち寄った「松江イングリッシュガーデン」には、
宍道湖に向いた船着場がありました。
c0027849_20423633.jpg

宍道湖はシジミ漁で有名ですが、
松江中心部から船でこの庭園を訪問することができれば楽しいですね。

自転車のブログでは、もっと詳しく書いていますので、こちらもどうぞ!
[PR]
by narrowboat | 2016-11-29 20:45 | 日本の運河と川 | Comments(0)