イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バンコクのパーシーチャルーン運河 Boat trip on the Phasi Charoen Canal, Bangko

2016年末にラオスへ1か月ほど取材旅行した帰り、
バンコクに寄って、運河のボートを見つけました。

バンコクは3年ぶりで、その間にBTS(高架鉄道)が延伸されており、
鉄道好きとしてはその区間に乗ってみようかと、
終点のバンワーBang Wa駅で下車しました。

すぐに折り返すつもりだったのですけど、
駅内に何やらインフォメーションセンターのようなものがあります。
c0027849_155029.jpg

座っていた係員に聞いてみると、
ここからボートの路線が接続しているというではないですか!
c0027849_22371117.jpg

これは見逃せない、と、地上に降りて船着場を探します。c0027849_22295019.jpg

こういう標識はあるんですが、船着場らしきものはありません。
その向こうに、タイ語のみですが、また「船着場」の表示がありました。c0027849_22355592.jpg

矢印に沿って進むと、高架道路の下。
c0027849_22363167.jpg
金網から出てきた野犬に吠えられたりして、不安になりながら歩きます。

BTSの駅から徒歩5分ほどで、船着場が見えてきました。c0027849_22402508.jpg

時刻表はこちら。
c0027849_22434222.jpg
一番上が平日朝、二番目が平日夕方、一番下が土休日の時刻表。
平日は朝と夕方だけ、ということは、通勤通学客をターゲットにしているのでしょう。
またこの時刻は、路線両端の船着場のこと。
つまり、途中で乗り降りする人は、時刻を推しはからなくてはなりません。

15分ほど待つと、ボートがやってきました。

船着場P15、ペットカセム69Phetkasem69行きです。

バンコクの運河ボートは、ほかの運河で何回も乗っていて、
その時の船はこんなタイプ。
c0027849_23184428.jpg
タイらしくてよいのですが、しぶきがかかって大変なことになりました。
一方、こちらパーシーチャルーン運河のボートは今風で、
窓も付いているため、その心配はなさそうです。

操舵席の真後ろに陣取ります。
c0027849_23205525.jpg

乗船して間もなく、車掌(船掌?)が運賃の回収に来ました。
1人15バーツ。

車掌は3人乗船しています。
c0027849_1553012.jpg


BTSにも使えるプリペイドカード「ラビットカード」もOK。c0027849_1634984.jpg

座席はこんな感じ。
c0027849_23294235.jpg
定員は40名だそうです。

船内ではWiFiも使えると書いてありますが、
接続はできませんでした。
c0027849_1642927.jpg


進行方向にカメラを向けます。


途中、カヌーらしき船とか、
c0027849_23311167.jpg

子供たちの水遊びも見ました。
c0027849_2332071.jpg

こういう物販&飲食ボートを見ると、
バンコクはまだまだ水の都という印象を強く受けます。


川に下りる階段が付いた家屋。
c0027849_1561941.jpg

さらに細い運河へのジャンクション。
c0027849_1573973.jpg

まさに毛細血管のごとく水路が張り巡らされているのです。

反対方向へのボートとすれ違います。

すれ違ったのは、結局この1艘だけだったので、
時間帯にもよりますが、上下各1艘で運航されているようです。

工事用の資材もボートで運ばれています。
c0027849_1591763.jpg


まだ認知度が低いのか、途中での乗降はほとんどありませんでしたが、
ワット・ニマノラディ船着場で、一組の下船と、別の一組の乗船がありました。


終点のP15、ペットカセム69船着場に到着。
c0027849_1538238.jpg

先の路線図には、近くにメガスーパー「ビッグC」があるように描かれていましたが、
船着場からその姿は見えません。
帰りの船の時刻もあるので、周辺のコンビニで飲み物だけ購入して、
船着場付近を散歩しました。

ここには、ベイスンBasin(船だまり)もあり、
運河ボートと同じ形のものが浮かんでいます。
c0027849_1542549.jpg


帰りのボートが船着場に現れました。
c0027849_15461148.jpg


こんな作業船があるということは、
定期・不定期に浚渫作業も行われているようです。
c0027849_15513133.jpg

川沿いで作業をする人も、船を使っていました。
c0027849_1551111.jpg

このボートは、かなりたくさん乗れるようですが、
何に利用されているんでしょうか?
c0027849_15504736.jpg

橋げたに括りつけられたハンモック。
c0027849_1549469.jpg

勝手にやっちゃうところが、いかにもタイらしい。

BTSバンワー駅近くの船着場P4に到着します。


日本に帰ってからネットでみつけたこのサイトなどによると、
パーシーチャルーン運河のボートは2014年からあったようで、
2016年4月に、新しい大型のボートが投入された、というのが経緯みたいです。

昔乗った運河ボートに比べると、速度がやけに遅く、
まさにイギリスのナローボート程度なのがとてもよかったのですけど、
これは、GPSで管理されているからのようですね。

友人からの伝聞ですが、バンコクの中央駅にもあたるフアランポーン駅から、
運河を経由してチャオプラヤー川まで行くボートもはじまったとか。

水路の有効活用という動きは、日本だけでなく、ここタイでも始まっています。

(タイ語のみですが、フェイスブックページもあります)

[PR]
by narrowboat | 2017-01-14 18:24 | 海外の運河・河川 | Comments(0)