イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

荒川ロックゲート開通式典

c0027849_1855290.jpg

東京では話題になっている
荒川ロックゲート
その開通式典が10月1日に行われた。

雑誌の取材もあり、
朝から足を運んだ私である。

c0027849_1812778.jpgまずは式典。
いちばん偉い人は、衆議院議員の島村宜伸
なんで国土交通大臣の経験もない彼が登場するのか?
と思ったら、なんだロックゲートのある江東区が地元選挙区なのか。


c0027849_187415.jpg
報道席は正面にあったんだけど、
あまりにも来賓の挨拶が多くて辟易。
報道陣には旧中川側のゲート上屋も開放されたので、
通り初めのときには、
みんなこっちに移ってきた。
消防庁や警察などのボートがお出まし。


c0027849_1895267.jpg
一方、イベント会場のほうでは、
無料で振舞われる「舟人鍋」に長い列ができていた。
撮影はしたけど、
私たちが行ったときにはもう品切れ(ρ_;)



ここでハプニング!
取材用に手配してもらっていた体験乗船で乗る和船が
強風のために運航できなくなったのだ。
そこで代替の船を手配してもらうよう交渉したのだが、
仕切っているイベント会社のスタッフがみんな無能。
ったく責任者がだれかわかんないんじゃしょうがないだろ?


c0027849_18135274.jpg
ようやく国土交通省のパトロール線に同乗できることになり、
無事荒川ロックゲートを通過できたのであります。


c0027849_1817977.jpg
船長さんは、
ロックの中でチェーンをホールド。
こうやってチェーンを自分たちで持つのは日本のロックの特徴だ。
ヨーロッパではロープをボラードに巻いてホールドする。
日本のほうが簡単でいいが、
水位差が小さいのと、注排水のスピードが遅いことが条件だ。


c0027849_18183744.jpg
イベントが終わりに近づくと、
ステージではなぜかサンバの演奏が。
ほのぼのしていい感じではあります。



それにしても、
仕切りの悪いイベントだった。

それにこのロック、
「レジャーの利用推進!」
といっておきながら、
日曜休日、年末年始は通過できないってどうよ?

75億円の公共事業、
「ムダ使い」
なんてまた批判されなきゃいいけどね。
[PR]
Commented by パドル at 2005-10-04 23:11 x
トラバありがとうございました。そして、取材お疲れさまでした。

月曜から休みを取った罰が当たったのか、更新の時間がなかなか取れず、ようやく1本UPできたところです。
「週刊新潮」掲載記事、楽しみにしております。
Commented by Madame CLOCHARD at 2005-10-08 13:39 x
ブログへのコメントありがとうございました。
お噂は多摩川リバーシップの会のホーリーさんから伺っておりました。

式典では私も和船に乗る予定だったのですが、イベントを仕切る側のずさんな対応でロック通過体験できずに怒り心頭で会場を後にしました。
ちなみにイベントを仕切っていたのはNHKエンタープライズとのことですよ。

この夏私は南仏の運河をクルーズしてきましたが、言葉を交わした
8割方の人はどういうわけかイギリス人でした。(笑)
Commented by narrowboat at 2005-10-08 21:31
パドルさま、コメントありがとうございます。
次は両国から通運丸よろしく小名木川から荒川に出てみたいですね。でも江戸川には行けないんですよね。
Commented by narrowboat at 2005-10-08 21:33
Madameさま、実際に仕切っていたのはNHKエンタープライズのさらに下請けみたいですね。まあ、こちらも頭に来てましたよ(^^; イギリスのボータ-の中には、自分のナローボートでドーバー越えちゃう人もいますからね。
by narrowboat | 2005-10-03 18:23 | 日本の運河と川 | Comments(4)