イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「船着場に鍵」という発想

c0027849_1559744.jpg

地元の千住から荒川遊園まで船が出ています。
週末、それも日時限定と運行頻度はすごく少ないのですが、
荒川遊園だけでなく、お台場方面にも運航されています。


c0027849_15592381.jpg

さあ、いよいよ船がやってきました。
ちなみに運航しているのはこの会社です。


到着すると、係員が船着場の鍵をもってやって来ます。
係員は常駐しているのではなく、船に乗ってやってくるんですね。

ところが、持ってきた鍵の具合が悪いのか、
なかなか開けることができません。

c0027849_1623933.jpg



イギリスの運河では、船着場に鍵などかかっていません。
都市部で一部、そういう船着場もありますが、
誰もがいつでも使えるのでなければ、
船着場として意味がないからです。

いたずら等を防止するために施錠することの意義は認めますが、
もうちょっと簡素な方法でよいのでは? と思います。

川沿いは、いずれにしろ死角になっているケースが多く、
船着場だけをロックする意味はあまりない。
というか、船着場の中に何の貴重品もないでしょうし。


c0027849_1662379.jpg


荒川遊園の船着場は、写真のこことその奥、二重の施錠体制でした。

不法係留防止?
不法係留したい人は、こんな柵簡単に乗り越えてしまうはすです。
[PR]
Commented by ヌマチチブ at 2008-05-20 16:47 x
この水上バス、すっごい形ですよね~ 近未来的というか。
紹介されてた会社のHPの、運航マップで遊んでしまいました(汗)

船着場は大変立派ですが、鍵がかかってるのですか!
これは、運航会社がかけてるってことなのですか? それとも管理する行政かしら?
色々事情があるのでしょうけど、船着場を含めて川沿いを散歩する楽しみもあるので、できれば開放してほしいですね~
Commented by narrowboat at 2008-05-22 21:19
>ヌマチチブさん

所有は一応役所(国交省)のはずですが、
管理は運航会社に任されているんでしょうね。
言い換えれば、この会社しか使えない船着場だということです。

もっとも頻繁に発着があれば話はわかりますが、
1ヶ月に数回しか使われていないんですよね。

もったいない話です。
by narrowboat | 2008-05-20 16:08 | 日本の運河と川 | Comments(2)