イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:2003年レスター・リング( 11 )

日本の岡崎選手が所属するチーム、レスター・シティがプレミアリーグで優勝を果たしました。
このニュースは日本でもかなり取り上げられたので、ほとんどの方がご存じのはずですが、
レスターといえば、2003年、私たちがナローボートで立ち寄った街でもあります。

グランドユニオン運河は言わすと知れた運河の大幹線ですが、
ロンドンから北上すると、ブローンストンBraunstonという街で2つに分岐。
西に向かえばバーミンガムへと続く「本線」になり、
そのままほぼ北上すると、レスター・セクションLeicester Sectionという支線に入ります。

本線のほうはブロード・カナル、
すなわちナローボートが2艘並んで(または1艘分が2つ)入るロックになっているのですけど、
レスター・セクションのほうはナロー・カナル、
1艘分の幅しかありません。

そのため、ボートのすれ違いには時間がかかるのですが、
フォックストン・ロックFoxton Locksなど、
フォトジェニックで名所にもなっているロックがいくつか存在しています。

レスター・セクションを進んでいくと、何やら工場地帯のような風景が現れます。
c0027849_1143535.jpg
街が近づいてくる予感がしますね。
このあたりの連続S字カーブを越えると、
なにやら未来的な建造物が対岸に見えてきました。
c0027849_11433238.jpg
これがレスター・シティのホームスタジアムです。
(現在はスポンサーの名前を採って「キンングパワー・スタジアム」というそうですが、当時はおそらく違ったでしょう)

運河はレスターの街のほぼ中心部を通っていて、
ムーアリング(係留所)も便利な所にあります。
c0027849_1147533.jpg
こういう街中のムーアリングは、バンダリズム(破壊行為)がままあるのが心配ですが、
扉はBWキー(運河の施設を利用できる鍵)でロックされているので、ある程度は安心できます。
c0027849_11502220.jpg

私たちはここで、昼食がてら散歩することにしました。
c0027849_11505294.jpg

街の真ん中には、大きなマーケットが。
c0027849_11523641.jpg
品物も豊富です。
c0027849_11531249.jpg
ロンドンとイングランド北部を結ぶ高速道路の中継点でもあり、
物流事情がよいせいか、魚介類も豊富でした。c0027849_11542421.jpg


レスターは積極的に移民を受け入れている街で、
特にインドなど南アジア系の住民の割合がかなり高く、
おかげでランチはおいしいインド料理で決まりです。
c0027849_11561363.jpg

その一方で「イングランドらしい」街並みも見かけました。
c0027849_1156593.jpg

ナローボートに戻ってみると、
運河とレスターの街のコントラストもなかなかよいことに気が付きます。
c0027849_11582113.jpg

それにしてもレスターの英語の綴り、
Leicester
って、なかなか読めませんよね。

ほかにもグロスターGloucesterなど、
悩ましい「スター」のスペリングがイギリス各地に存在しています。

岡崎選手の活躍のおかげで、
またナローボートでレスターに行ってみたくなりました。
[PR]
by narrowboat | 2016-05-23 12:03 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
レスター・リングの旅も今回で終りになります。

ブローンストンからは6つのロックを通過。
c0027849_1215763.jpg


そのロックの途中にあるカナルショップ。
c0027849_122512.jpg

ここは、店は小さいのですけれど、
さすがはブローンストンだけあって、品揃えは見事です。
c0027849_1235729.jpg


一方ロックでは、シングルハンドでロープを操るつわものボーターも。
c0027849_1245799.jpg


ブローンストン・トンネルに入ります。
c0027849_1273636.jpg

全長1867メートル。現役のトンネルでは11番目の長さです。
トンネルを出ると、もうそこはノートン・ジャンクションNorton Junction。
c0027849_1293920.jpg

そう、このクルーズの初日に夜を明かしたポイントです。

ついにレスター・リング一周をやりとげました!
エベレスト登頂とか、ヨットで太平洋横断とかと違って、
運河の一周なんて、素人だってできる。
そう言われればそれまでです。

しかしながら、大きな周遊ルートをぐるっと回って、
再び同じ場所に帰ってきたときの達成感は、
いつもの往復クルーズにはないものがありました。

帰路は、このバックビーで係留せずにスルーしてしまったので、感動も一瞬。

そのままグランドユニオン運河を南下して、
ハイヤーカンパニーのあるウィードンを目指します。
c0027849_12101093.jpg


出発前にランチを食べたパブ、ハート・イブ・イングランドHeart of Englandの前を通過すれば、
ハイヤーカンパニーはすぐそこ。
c0027849_12103889.jpg


さあ、到着です!
c0027849_12105148.jpg


出発時にインストラクションしてくれたスタッフが、
ボートの整備と掃除で忙しそうでした。
c0027849_1211767.jpg


あれから約10年が経ちましたが、
これまでのナローボートの旅で、一番印象深かったクルーズが、
この年のレスター・リングでした。

将来、またこんなロング・クルーズをする機会があるのか・・・・・
それは、私にもわかりませんけど・・・・・ね。
[PR]
by narrowboat | 2012-02-29 12:14 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
コベントリーで一夜を過ごして、昨日来た道をまた帰っていくのですが、
その前に、ナローボートの方向転換をしなくてはなりません。
c0027849_1148646.jpg

スペースは十分にあったのですけど、
この日は風がすごく強くてボートが押され、
ティラーを取るのも一苦労!
同じベイスンに係留していたほかのボートのクルーの助けを借りて、
ようやく脱出できた次第。

コベントリー運河とオックスフォード運河のジャンクション、
c0027849_11483214.jpg
ホークスベリー・ジャンクションは、昨日通過したばかり。
c0027849_1149067.jpg

ジャンクションを出たら右折。
ここからはオックスフォード運河Oxford Canalになります。

アンスティAnstyという村では、ローズ&カッスルRose & Castleというパブで食事しました。
c0027849_1149362.jpg

係留地点からちょっと歩きましたが、雰囲気は最高だったと記憶しています。
c0027849_11495999.jpg

往時のこの付近の写真。
c0027849_11531112.jpg水辺からは離れていますが、
やはり運河パブだったのでしょう。


食べたメニューまでは思い出せませんが、
この写真を見ると、どちらかがヨークシャープディングを注文したんだと思われます。
c0027849_11511789.jpgc0027849_11513024.jpg


ボートへの帰り際、運河近くに発見した小さなショップ。
c0027849_1155040.jpg





なんのお店だろう、
とのぞいてみると、
オリジナルのお皿を販売していました。
そしてなんと!
私の大好きなヒラメを描いた大皿が
売られているではありませんか!

c0027849_1156250.jpg
幅40センチ、非常に大きなものです。
「こんなもの持ち帰れるのか?」
と心配はしましたが、こんな場所でヒラメに出会えるなんて運命としか言いようがなく、
一も二もなく購入。
クルーズ後、飛行機で大事に持ち帰り、今でも自宅に飾られています。
蛇足ながら、2011年3月11日の大地震も割れずに生き延びました。

アンスティからすぐ、ストレトン・ストップStretton Stopで
ローズ・ナローボート社Rose Narrowboatsを通過。
c0027849_11572758.jpg

1999年に妻と初めてナローボートを借りた、思いで深いハイヤーカンパニーです。
もっとも、妻はすっかり記憶の底から消えていましたが。

250ヤードのニューボールド・トンネルNewbold Tunnelを越えると、
ボートはラグビーに入っていきます。
c0027849_1157476.jpg

この区間は1999年のクルーズでも通りましたので、まだ覚えていました。
小さなアクアダクト(水路橋)を通過。
c0027849_1205481.jpg

岸では、早くもワインで乾杯している姿も。
c0027849_121488.jpg







いい感じです。

c0027849_123157.jpg










造船中のボートの横を通過。


ヒルモートン・ロックHilmortonの手前で係留し、この日はオーバーナイト。
c0027849_1233376.jpg
ここも1999年のクルーズで1泊した場所です。


翌日、朝イチでロックを越えます。

ヒルモートンは通称ツイン・ロック、ナローロックが2つ並んだツインベッド型です。
正式にはデュープリケイテッド・ロックDuplicated Lockと言い、
ハンドルを操作することで、2つのチャンバーの間で水を移動させます。
つまり片方が満水時にもう片方は空になり、
次は空のほうへ水を移動させる。
こうすれば、理論上、水の供給をしなくて済むはずです。

もっともリーク(水漏れ)も少なくなかったはずなので、
常時どこからか給水は必要だったはずです。

現在ではこのシステムは破棄されていて、
水は運河本線から供給されていますので、
単にナロー・ロックが2つ並んでいるだけです。

そして、ボートはいよいよブローンストンBraunstonへ!
[PR]
by narrowboat | 2012-02-25 13:02 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
バートン・オン・トレントからはまたトレント&マージー運河の旅が続きます。

ブランストン・ロックBranston Lockではロック待ちの長蛇の列。
c0027849_21321324.jpg

ナローロックに「直列」で入ります。
c0027849_21331438.jpg


ブリティッシュ・ウォーターウエィズBritish Waterwaysのロゴが入った
ヘリテージ・ボートが係留されていました。
c0027849_213429100.jpg

c0027849_21344516.jpg


そしてここ、Wychnor。
c0027849_2135251.jpg

「ウィクノー」と読むんでしょうか、正しい発音がわかりませんが、
ここで小さな運河フェスティバルをやっていたので、
降りて見に行くことにしました。

何重にも係留されったナローボートの脇を通り、
自分たちの船を留めるスペースを探します。
c0027849_21354221.jpg

フェスティバル・サイトにぎっしり並んだボート。
c0027849_21372099.jpg

サイトの様子。
c0027849_21375076.jpg

c0027849_2138792.jpg

このブラスバンドは、やけに下手でした(笑)
c0027849_21383697.jpg

こんなかわいいクッション!
自作でしょうね!
c0027849_21391192.jpg

船具やグッズを売るボートもフェスティバルの定番。
c0027849_21394333.jpg

夏の太陽を浴びながら、デッキチェアーでのんびり。
あー、うらやましい!
c0027849_2141939.jpg

私たちが制作したオリジナルビデオのパッケージ写真も、
実はこのフェスティバルのもの。
c0027849_2142560.jpg

かわいらしい外輪のスチームボートが通過していきました。
c0027849_21444987.jpg


そしてフラドリー・ジャンクションFradley Junction。
c0027849_21453561.jpg

ここでトレント&マージー運河と分かれ、
コベントリー運河Coventry Canalに入ります。
c0027849_2146794.jpg

ここでも係留して、周囲を散策。

まず、やっぱりパブ。
c0027849_21464944.jpg

交通の要衝であるジャンクションには、必ずと言っていいほどパブがあります。
c0027849_21501423.jpg

こちらのパブはスワンSwan
きっと200年前からずっとこの場所で営業しているんでしょうね。
お店の中にも歴史の重みが感じられます。
c0027849_21491215.jpg

c0027849_21494685.jpg

お店の前のベンチに座っている人が、
みんな運河のほうを向いているのが印象的でした。
c0027849_2151870.jpg

ボートの屋根に座ってビール!
c0027849_21513951.jpg

人が集まっているところには、水鳥たちも餌を求めてやってきます。
c0027849_21524269.jpg

コベントリー運河への入口には、
歩行者のみが渡れるかわいいスイング・ブリッジがありました。
c0027849_21531262.jpg


コベントリー運河を進むと、今度はバーミンガム&ファゼリー運河Birmingham & Faneley Canalに分岐するファゼリー・ジャンクションFazeley Junctionを通過。
c0027849_21533770.jpg

ここも先ほどのフラドリー・ジャンクションと同じようにT字路なんですが、
偶然にも同時に3方向からボートがやってきて、
みんな大わらわ!
c0027849_21542933.jpg

私たちは、食事のためにまた係留していたので、
トゥパスから「高みの見物」となりましたが・・・・・。
近くには、係留所が併設された(?)アパートも。
c0027849_2155254.jpg


小さなカナルショップを見つけ、ここも入ってみます。
c0027849_21583395.jpg


鉄道橋をくぐって・・・・・
c0027849_2204340.jpg

アサーストーン・ロックAtherstone Lock。
ナローロックが続きます。
c0027849_21595662.jpg

ロックのそばには食料品店があるようでした。
私たちは寄りませんでしたが、
こうやってちゃんと看板も出ているので、
食料の調達は便利です。
c0027849_2215928.jpg


こういう工場っぽいところも、
運河沿いにあると絵になります。
c0027849_2221817.jpg


この付近ですれ違ったボート。
c0027849_2224579.jpg

ええ、オーナーはイギリス人でした(おそらく)。
いまさら「ゲイシャ・フジヤマ」じゃないと思うんですが(^^;
c0027849_223594.jpg


ホークスベリー・ジャンクションHawkesbury Junction。
c0027849_2232514.jpg

このジャンクションをそのまま直進すればオックスフォード運河Oxford Canalに入るのですが、
コベントリー運河をそのまま進んで、終点のコベントリーCoventryを目指します。
c0027849_2234680.jpg


コベントリーは、内港というんでしょうか、
行き止まりがそのまま港になっています。
c0027849_2242824.jpg

港に建つ銅像は、
イギリス運河最初のエンジニア、
ジェームズ・ブリンドリーJames Brindley
c0027849_225449.jpg

係留前にポンプアウト。
もう1週間以上クルーズしているので、
出したものも溜まってます(笑)
c0027849_226813.jpg

ここはセルフ・ポンプアウト式で、
近くにある商店でカードを購入すると、
一定時間機械が作動するシステムでした。
c0027849_2271622.jpg
やったことがなかったので、かなり戸惑った記憶があります。

1999年に妻と初めてナローボートに乗る前に、
コベントリーで1泊したことがあります。
このときは鉄道で来て、港を見学しましたが、
今回は運河でくることができて、感激もひとしお。

21時を過ぎると、夏のイギリスにも短い夜がやってきます。
c0027849_2282245.jpg


買い物も兼ねて、コベントリーの町を歩いてみます。
[PR]
by narrowboat | 2012-02-21 22:18 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
ズーチZouchからしばらく行くとトレント・ロックTrent Lockです。
c0027849_2142774.jpg

私たちがここまでクルーズしてきたソアー川River Soar、
トレント川River Trent、
エアウォッシュ運河Erewash Canal、
そして私たちがこれから進もうというトレント&マージー運河Trent & Mersey Canal、
これら4つの水路の交差点がここ。
c0027849_21424499.jpg
c0027849_21431563.jpg

イギリス運河網のスケールを
実感できる場所でもあります。
大きなジャンクションだけあって、
パブやらティールームやら、そしてマリーナやら、
さまざまな施設が集中しています。
c0027849_21442434.jpg
これはワークボートですね。

トレイル・タイプのハウスボートも浮かんでいました。
c0027849_21462497.jpg
ホリデーハウス用でしょうか?

パブ、スチームボートSteamboat。
私たちは入りませんでしたが・・・・・・。
c0027849_2145677.jpg


ティールームはおしゃれでしたね。
こちらも外から眺めただけです。
c0027849_21465798.jpg


再び船上の人となり、レスターリングの旅を続けます。
トレント&マージー運河に入るまで、少しだけトレント川を航行。
c0027849_21474683.jpg
幅がかなり広いのがおわかりになるでしょうか。

運河に入るところにあるソーリー・ロックSawley Lockは、
ロックキーパーが機械で操作するタイプ。
c0027849_21481968.jpg

セルフサービスが基本のイギリス運河では珍しいですが、
トレント川の水位など、素人には難しい事情があるのでしょう。

次に係留したのは、シャードローShardlowという場所。
運河地図にはパブが4軒ほど掲載されていましたが、
行きたかったのはヘリテージ・センター(博物館)。
c0027849_21494588.jpg

ここシャードローの港の歴史や、
昔のボートでの生活などが展示されている、
コンパクトな博物館です。
c0027849_2156367.jpg

c0027849_21565564.jpg


建物の下に船着場の跡。
c0027849_21572626.jpg
ここは元倉庫なので、内部で積み下ろしができるようになっていたのでしょう。

また出航して、給水。
c0027849_21575326.jpg


ここでネット接続してみました。
c0027849_21581338.jpg
今は「タングル」というスティック状のUSBモデムをイギリスでは使っていますけど、
当時は携帯電話で電波を拾っていました。
それも懐かしいですけど、相当太ってましたね、私・・・・・。

そしていよいよ、トレント&マージー運河の中核都市、
バートン・オン・トレントBurton on Trentに入っていきます。

ここでの目的は、ビール博物館!
[PR]
by narrowboat | 2012-02-16 22:39 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
レスターを出た後もグランドユニオン運河・レスターセクションが続きますが、
ソアー川River Soarをそのまま利用した区間なので、
川を航行しているみたいな雰囲気ですね。
c0027849_5583914.jpg

周辺には倉庫などが並んでいました。
c0027849_5593377.jpg

パブ、ホーム&アンカーHope & Anchorでランチと給水。
c0027849_615024.jpg

出航すると、両側には係留船が並んでいました。
c0027849_693791.jpg

かわいい犬連れのボートと行き違いました。
c0027849_618231.jpg

パブ、ナビゲーションNavigationでビール休憩。
c0027849_62041.jpg

ここは事前に調べていったパブで、
CAMRAお勧めのリアルエールがあるそうです。
中の雰囲気はいかにもローカルパブ!
運河沿いにはこういう店が多いので、
パブ巡りはやめられませんね!
c0027849_6261045.jpg
c0027849_6263260.jpg


ノット(ロープワーク)のディスプレイ。
c0027849_628636.jpg

この周辺の1971年の写真。
c0027849_628271.jpg
パブそのものが運河の生き字引、
というか博物館のような役割も果たしています。

そしてまた出航。
c0027849_630866.jpg

ピリングズ・ロックPillings Lockは、
洪水防止のためのフラッド・ロックというものでした。
c0027849_634873.jpg

写真で見るように、ロックなのに水位差がありません。
c0027849_632560.jpg
増水時に閉鎖されるのでしょうかね。

ラフバラLoughboroughという町を通り過ぎ、この日はズーチZouchで係留。
夕食は、パブ、ローズ&クラウンRose & Crownで。
c0027849_6371873.jpg

なんだかこの日はパブばっかり行っていましたね。
[PR]
by narrowboat | 2012-01-10 06:39 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
この運河リングの名前にもなっているレスターLeicesterは、
スペリングと発音が一致しない、イギリスの都市の代表格。
そのほか、グロスターGloucesterなどがあります。

さて、クルーズのほうはフォクストンFoxtonからそのレスターまで。
この区間、ポツポツとロックは現われるものの、
比較的平坦だった記憶があります。

フォクストンから1時間ほどでサディントン・トンネルSaddington Tunnelに。
c0027849_12111399.jpg
長さは約800メートル。

フォクストンまではナロー・カナルだったのに、
それを過ぎるとブロード・カナルになります。
c0027849_12294551.jpg
フォクストンはステアケースなこともあり、
建設費用の面でナローにせざるを得なかったのかもしれません。
このクルーズで頻繁に見かけたカナルタイムCanal Timeというボートも。
後で聞けば、タイムシェアの会社だそうです。
c0027849_123016.jpg

ブリティッシュ・ウォーターウェイズBritish Waterwaysのロックキーパーが、
ロックに堆積したごみを清掃した後、なにやら書いていました。
c0027849_12302668.jpg

こちらはクレーンズ・ロックCranes Lock(のはず)。
c0027849_1230391.jpg

スピニー・ロックSpinney Lockでシェアしたボート。
c0027849_1230513.jpg
とてもきれいなトラディショナルですね。

またしてもBWの職員の方々。今度は岸辺の樹木整備中です。
c0027849_1231025.jpg

印象的だったのは、馬たちが周辺で遊んでいたダブルレール・ロックDouble Rail Lock
c0027849_12323841.jpg

木製のロックゲートに草が絡まって、
情緒を感じさせるボトム・ハーフマイル・ロックBottom Halfmile Lock
c0027849_12322513.jpg

途中、カミさんが作ってくれたランチ。
c0027849_1233675.jpg

町が近づいてくると、こういう落書きが増えますね。
c0027849_12335337.jpg

ここからはソアー・ナビゲーションSoar Navigationに入ります。
c0027849_12341583.jpg
「ナビゲーション」というのは、河川を改修して水流を抑制した水路のこと。
運河と河川の中間的な存在にあたり、
「運河化河川」と訳されます。
一見河川のようにも見えますが、
水位の影響も受けるので、入口には増水時の航行について注意書きが立っています。

運河と異なり、草や藻がたくさん浮いているのも河川的ですよね。
c0027849_12343418.jpg

巨大なガスタンクは「工場萌え」にはたまらないかも?
c0027849_12345839.jpg

ロックゲートに絡まった草やごみは自分で除去しなくてはならないことも。c0027849_12351226.jpg

レスター中心部に入ります。
向こう岸に見える巨大な建物は、
サッカーチーム「レスター・シティ」のホームグラウンド。c0027849_12352482.jpg
ネットの情報などによると、
レスターは現在プレミアリーグではなく、その下の1部リーグだそうですね。
ちなみに、日本代表の阿部選手が所属しているとか。

レスターのムーアリングに係留。
市内のど真ん中にこのような公共係留所があるのです。c0027849_12354677.jpg

48フィートなら4艘くらいとめられそう。c0027849_12361132.jpg

対岸から係留所を見ます。
c0027849_12364287.jpg

係留所の出入口にはカギがかかっていて、BWキーで開閉できます。
c0027849_12365329.jpg
BWキーとは、運河の諸施設にアクセスできる共通のカギのこと。
ハイヤーボートには必ず1つ付いていて、
これで給水バルブなどもあけることができます。
こういうシステムがあれば、
日本でも係留所を一般に開放できると思うのですが。

レスターの町を歩いてみました
[PR]
by narrowboat | 2011-12-09 13:00 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
クリックを出ると、ロックがまったくなく、
ダラダラとした曲線が続く区間を17マイルほど進みます。

そして、到着したのがフォクストンFoxton。
c0027849_6442920.jpg

現在航行しているのは、
ロンドンとバーミンガムを結ぶグランドユニオン運河Grand Union Canalの「支線」的な存在、
レスター・セクションLeicester Sectionなんですが、
ここは本線と違ってナロー・カナル。

その区間の中で、最もクライマックス的なのがこのフォクストン。

先ほどのワットフォード・ロックと同じようなナロー・ロックのステアケースがあるのですが、
1セットに5つロックがあり、それが2セット。
こういう組み合わせのロックは、おそらくここにしかないと思います。

私たちのように運河を北へ向かう人は、
このロックを下っていくことになるのですが、
頂上には小さな資料館があって、
待ち時間に観に行くことができます。
c0027849_644575.jpg

いよいよロックに入っていきます。
c0027849_6454477.jpg

急な階段を下る感じ。
c0027849_6455425.jpg

ナロー・ロックのステアケースなので、
やはりロックキーパーが交通整理とロックワークのサポートを行います。
c0027849_6461544.jpg

私たちのボートがすっぽり収まりました。
c0027849_6462662.jpg

右側に見える池は、ロックに水を供給するリザボア(貯水池)。
その向こうにある茶色い建物は、
フォックストンのロックの歴史などを展示する博物館です。
c0027849_647049.jpg

1セット5段降りると、
池のように広くなった場所があって、
ここで昇りのボートと交換します。
c0027849_6471399.jpg

ロックキーパーの方が雑談中。
c0027849_6485789.jpg

1セット目はカミさんがティラーを握り、私がロックワークしましたが、2セット目は交代。
私が操縦しながらの撮影です。
c0027849_6493156.jpg

アフト(後部)はシル(段)に気をつけながら、
あまりゲートに近寄らないようスロットルを調整。
c0027849_650758.jpg

排水が終わると、ゲートを出て行きます。
c0027849_6501942.jpg

すぐに次のロックへ。
c0027849_6503152.jpg

最後のロックは橋の下。
c0027849_6504222.jpg

これでようやく終わりです!
c0027849_6505264.jpg

ロックを折りきった所にはムーアリング(係留所)やパブなどがあり、
ボーター以外の人も遊びに来るピクニック・エリアみたいになっています。
トリップボートもありましたね。
c0027849_6514334.jpg

その先にあった橋は、
かつて馬がボートを牽引していた時代の名残を残していて、
馬が上りやすいようにスロープになっています。
c0027849_651147.jpg

この橋の名前がレインボー・ブリッジと奮ってました(笑)。
c0027849_6511070.jpg

10個のロックを通過してエキサイトしたせいもあり、
まだ日の高い時間でありながら、ここで停泊することにしました。
c0027849_6515361.jpg


フォクストン周辺を散策。「インクライン」の跡もあります
[PR]
by narrowboat | 2011-11-30 06:55 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
2日目からは、いよいよレスター・リングのクルーズがスタート。
反時計回りに、大きな「輪」を回っていきます。

この日のクライマックスは、
ノートン・ジャンクションから30分もかからない所にあるワットフォードWatfordのステアケース・ロック
c0027849_6471722.jpg
ステアケースとは、複数のロックがセットになって階段(ステアケース)状になっているもの。

フライト・ロック(連続閘門)の一種ではありますが、
前後2つのロックを一組として、それがいくつも並ぶ一般のフライトとは異なっています。

ステアケースでは、最初のロックを出ると、
そこはもう次のロック・チャンバーLock Camber(閘室)になっていているのです。

このワットフォード・ロックは4段。
一般オフイトであればロック・ゲート(閘扉)は2×4で8枚ですが、
フライトの場合は4+1で5枚となります。


私たちはこのロックを昇る「アップヒル」になりますが、
なにせボートが1艘入るだけの幅しかないナロー・ロックなので、
上から降りてくるボートをボトムで待機。
c0027849_6585980.jpg

ステアケースは構造がちょっと複雑なので、
ロックキーパーが交通整理も兼ねて待機しているところが多いです。
c0027849_702772.jpg
以前クルーズしたリーズ&リバプール運河 Leeds & Liverpool Canal
ビングリー・ロック Bingley Lockもそうでしたね。

私たちの前を昇るボート。
写真右側に見えているのは、このロック水を供給するリザボア(貯水池)です。
c0027849_78485.jpg

ロックキーパーの方々が作業の合間に談笑中。
c0027849_14281577.jpg

上から降りて来たボートが最下段を抜け、
私たちのボートの横を通過して行きます。
c0027849_14322618.jpg

さあ、私たちの番です!
c0027849_14331075.jpg

ナロー・ロックですから、チャンバーの幅はギリギリ。
c0027849_14335711.jpg

ロックキーパーの女性が、
ロックワークを担当していたカミさんを捕まえてなにやら話しています。
c0027849_14352440.jpg
ロックキーパーの手になにやら丸くて白いものがあるのがお分かりになりますか?
あとで聞いたら、近くで巨大なきのこを発見したのだそうで、
「これって食べられるかしら?」
と質問されたとか。

ロックを昇りきると、すぐにトンネルです。
c0027849_14414164.jpg
こちらはクリック・トンネルCrick Tunnelで、約1400メートル。
イギリス運河の中で7番目の長さを持ちます。

たかだか1400メートルのトンネルですが、
時速4~5km程度のナローボートが通過するのは15~20分もかかります。
その間、照明はほとんどなし。
c0027849_1450874.jpg
自分のボートの姿もほとんど見えないので、
どこを進んでいるのか、不安にもなりますね。

ようやく抜けました!
c0027849_14512023.jpg


運河パブでサンデー・ローストを
[PR]
by narrowboat | 2011-11-28 11:06 | 2003年レスター・リング | Comments(0)
利用したハイヤーカンパニーは、
ノーザンプトンNorthampton近郊のウィードンWeedonにある
カナルボート・ホリデイズCanalboat Holidays社。
(現在、この名前で検索するとこのページが出てくるのですが、
内容を見ると、当時と同じように経営されているのか、疑問です。)

ノーザンプトン駅からタクシーでベースに到着。
c0027849_650567.jpg


チェックイン時刻には早すぎたので、
荷物を事務所に置かせてもらい、
買い物ついでにランチをこのパブで。
c0027849_1452490.jpg
ハート・イブ・イングランドHeart of England
現在もサイトがあるので、健在なようです。

c0027849_1481629.jpg c0027849_1483811.jpg
2人で、どちらがどっちを注文したのかは忘れてしまいましたが・・・・・・、
と書いた後で、奥さんが撮影したほうの写真を発見!
カレーのようなものを食べたのが私でした。
c0027849_14343161.jpg


食事も買物も済み、いよいよボートへ。
今回借りたボートは48フィートで、4人まで寝泊りできますが、
2人だとダイニングをベッドにしなくていいので、楽です。
c0027849_14145877.jpg

キッチン周りはこんな感じ。
c0027849_14152940.jpg


さてルートですが、
厳密に言うとハイヤー・カンパニーのあるウィードンはレスター・リング上にはありません。
リングのちょっと南、グランドユニオン運河を下ったところにあります。

初日は、まずレスター・リングに入るノートン・ジャンクションNorton Junctionまで。
その間、7つから成るバックビー・ロックBuckby Lockを通過。
これが最後のロックで、これを越えたところがジャンクション。
c0027849_1423019.jpg

Y字路を右に入り、反時計周りでリングを回りますが、
リングに入ってすぐのところにある係留所に停泊します。
c0027849_1425288.jpg

ジャンクションにはパブ、ニュー・インNew Innがありますが、
初日の夜はたしか、船内で自炊した記憶があります。
[PR]
by narrowboat | 2011-11-15 06:51 | 2003年レスター・リング | Comments(0)