イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日本の運河と川( 72 )

米子、松江の内陸水路

折りたたみ自転車を持って、山陰を旅したときのレポートです。

大橋川にあった神社。
c0027849_20202974.jpg
船で参拝するんでしょうね。

天神川沿いを、自転車でゆっくり走ります。

無粋な柵もなく、水辺がとても近く感じます。
長い間、川と親しんでいた地域なんでしょう。

松江市内の堀川巡り。
c0027849_20211722.jpg
時間がなくて乗れませんでしたが、いつか体験したいですね。
川沿いのカフェも、よい感じでした。
c0027849_20253873.jpg


翌朝、米子市内を1時間ばかり回りました。
c0027849_20322957.jpg

知らなかったのですが、米子にも掘割っぽいところがあるんですね。
地図には旧加茂川とあります。

おもしろいのは、お店や住居が、
自分専用の橋を架けているところです。
c0027849_20341033.jpg

c0027849_20351147.jpg

c0027849_20354287.jpg

かなり寂れているエリアではありますが、
ちょっと工夫すれば、人が集まりそうな感じです。

現在でも、夜には賑わう場所なのかもしれませんが・・・・・。
複数のバーが入居している、川沿いの古いビルは、
トイレも共同です。
c0027849_20372429.jpg


遊覧船もあるんですね。
c0027849_20383268.jpg

この先は、中海に通じています。
c0027849_203948.jpg

川に向いている蔵の扉は、船への荷下ろしをしていた時代を偲ばせます。
c0027849_20405860.jpg


再び松江へ。
宍道湖北岸をサイクリングしていて立ち寄った「松江イングリッシュガーデン」には、
宍道湖に向いた船着場がありました。
c0027849_20423633.jpg

宍道湖はシジミ漁で有名ですが、
松江中心部から船でこの庭園を訪問することができれば楽しいですね。

自転車のブログでは、もっと詳しく書いていますので、こちらもどうぞ!
[PR]
by narrowboat | 2016-11-29 20:45 | 日本の運河と川 | Comments(0)
築地市場の移転問題で、何かと話題に上る豊洲ですが、
新市場予定地に近い場所にある「ららぽーと豊洲」。

ここには、かつて石川島播磨工業(IHI)のドックがありました。
IHIの本社は、現在もららぽーとの近くにありますが、
ドックは不要ということで、ショッピングモールに生まれ変わります。

でもドックの面影は残したい、ということで、
建造物を一部残して、水上バスなどの発着場にしています。
c0027849_18115191.jpg

豊洲周辺は埋立地エリアなので、その間に運河ができることになります。
先日記事にした扇橋ロックがある小名木川、
そして豊洲周辺はいずれも江東区にあり、
これが「江東デルタ地帯」と呼ばれるゆえんです。

本当なら船でこのあたりを移動したいところですが、
豊洲エリアにはシェアサイクルもあり、これがなかなか便利。

私も会員になっているので、自転車で運河探検に出かけてみます。
c0027849_18193633.jpg
豊洲六丁目公園のデッキ。

しばらく走ると、対岸にこんなに大きな看板が。
c0027849_18205669.jpg

「係留禁止」だけでなく、「駐車禁止」に「自転車乗り入れ禁止」。
水辺に限らず、日本は「禁止」が大好きですよね。

禁止はいいのですが、それならどこに留めればいい?
というのが素朴な疑問。

禁止する一方で、係留スペースを確保すべきだと思います。

この看板のすぐ近くには、立派なジェティ(浮き桟橋)があるんですがね。
c0027849_18242125.jpg
船はまったく留まっていません。
c0027849_18244012.jpg


これは、水陸両用バスのスプラッシュポイントだと思われます。
c0027849_1825972.jpg

市場移転だけでなく、オリンピックの競技会場問題でも注目されている東京の水辺なんですが、
4年に1度のイベントでどう使うかより、
日常的な有効活用にもっと目を向けるべきではないでしょうか。
c0027849_18275344.jpg
[PR]
by narrowboat | 2016-10-20 18:29 | 日本の運河と川 | Comments(0)
NHKのテレビで、隅田川で行われている「風のテラス」というイベントが紹介されていたので、
自分でも見に行ってみました。c0027849_10222749.jpg

浅草の吾妻橋、水上バス乗り場と接した河岸の遊歩道に、
「ほおずき市」でもおなじみのガラス風鈴をたくさんかけ、
その下には小さなベンチも設置して、涼んでもらおうという趣旨だそうです。

確かに、これだけの風鈴が風にそよげば、清涼感が増すでしょうね。


テラスでは、ヨガ教室や、ウルトラヒーローショーなんかもやったようです。
c0027849_10224711.jpg


また、マリンスポーツの体験会も開催されたとのこと。
c0027849_1023840.jpg


簡単な食事を提供する屋台も。
c0027849_10252890.jpg


しかし、かなり限定的なエリア、期間でこのようなイベントをやっても、
どれだけ水辺への関心が向くのか、疑問です。

主催している組織は不明ですが、
どうやら東京都、またはその関連団体、
つまり「上」からのイベントみたいです。
c0027849_10264716.jpg

このあたりが、水辺利用の促進が市民の側から出てきて、
行政のほうを動かしている大阪との違いですね。

もちろん、どちらから動いてもかまわないのですけど、
川なり、水辺なりに継続的に関心を持たせるためには、
このような単発イベントの効果は薄いでしょう。

私的には結構好きな松下奈緒をキャラクターに選んだことは評価しますが(笑)
c0027849_114977.jpg


会場前に、水上バスが着岸します。


小さなタンカーが、川下へ向かっていきました。


最近なにかと話題の東京都、
新しい知事には、都民の水辺への関心をさらに高める努力をしてほしいものです。
c0027849_10213354.jpg

[PR]
by narrowboat | 2016-10-06 10:28 | 日本の運河と川 | Comments(0)
今年の夏も、扇橋ロック(閘門)の一般公開に行ってきました。

東京の隅田川と荒川を東西に結ぶ小名木川は、
江戸時代に徳川家康の命により掘削された水路、つまり「運河」。

扇橋ロックは、その小名木川にある唯一の閘門です。
といっても、江戸時代からロックがあったわけではなく、
戦後、埋め立てなどによる水位の変化で、ロックを作らざるを得なくなったようです。


扇橋ロックの一般公開は2013年に始まりました(私の記憶によれば、ですが)。
夏休み期間中の土日、期日を限って敷地内に入ることができます。
その初回から、毎年私は見学に行っていますので、今年で4回目になります。

※過去のレポートはこちら。

今年は、公開最終日に行くことができました。
清澄白河駅から、小名木川沿いをぶらぶら歩きながらロックを目指します。
c0027849_10211528.jpg
















この黄色いフェンスは不法係留を防止するためのようです。
おそらく、写真に写っているボートは不法係留なんでしょう。

でも、禁止するより、有料でも係留場所を設置するほうが、
行政もユーザーもハッピーだとは思わないんでしょうかね。








小名木川沿いをロックに向かって歩いている時に出会ったカヌーのグループ。




ロックの入口に到着。
c0027849_10040933.jpg




















日曜日の午後とあってか、船の通過は頻繁にありました。
c0027849_10201147.jpg





























c0027849_10204924.jpg






















オペレーションが始まります。



停電時にポンプを動かすための非常用エンジン。
c0027849_10202895.jpg




















ゴムボートで上陸し、その後ロックの見学をした家族連れグループ。
c0027849_10203223.jpg
































操作室の見学も、例年通りさせてもらいました。
c0027849_10205115.jpg



















何年か前、船が全く通らなかったこともあって、
注排水だけをしてくれるという大サービスがありましたが、
今年は通過があったので、その必要もなかったようで。


1日3回、係員によるロックの説明が操作室内であるのですが、
今回の担当者、発音が聞き取りにくいばかりか、
東京の治水事業について長たらしい解説をダラダラやるものだから、
途中で退出してしまいました。




このロックの必要性を説くのであれば、
ビジュアル素材を使うなど、もっと工夫が凝らされてもいいはずです。
c0027849_10204565.jpg




















「東京のパナマ運河」
というキャッチフレーズも、いい加減どうにかしたほうがよいのでは。
パナマ運河のシステムをみんながみんな知っているわけではないのですから。

毎年、毎度、お役所仕事だなぁ・・・・・
とあきれつつ、それでも来てしまう私も相当な「カナルマニア」です。

帰路、さきほどのゴムボートが、ロックに入っていきました。

私は、また清澄白河までぶらぶら戻って、
このあたりでは有名な居酒屋さんで仕上げです。

この店がある限り、来年も一般公開に来るでしょう(笑)

[PR]
by narrowboat | 2016-09-05 10:40 | 日本の運河と川 | Comments(0)
こちらのブログで記事にした東急線の1日券を使って横浜まで足を延ばし、
ポートサイド公園で休憩していたら、目の前を「シーバス」が通っていきました。
c0027849_9352160.jpg

横浜駅東口、ショッピングモール「ベイクォーター」にある桟橋と山下公園を結ぶボート。

ネットの地図では河川(運河)の名称が確認できないのですが、
横浜駅からいくつかの水路を通って海に出て、山下公園まで行っています。

昔、何度か利用したことがありますが、今回は見るだけ。
結構本数があるようで、公園の前を何度も行き来していました。


満席、とまではいきませんが、お客さんも結構いまいしたね。
c0027849_93645100.jpg

やはり外国人観光客が多いようです。

イギリスと違って、日本には内陸水路Inland Waterwaysが少ないですが、
東京の水上バスもしかり、海と川の間を往復する路線が少なからずあります。

ところでこの「シーバス」ですが、
英語の綴りはSea BusではなくてSea Bass
つまり魚のスズキなんですね。
なんでBusじゃないのか? ネットでちょっと調べただけではわかりませんでしたが、
おそらくBusだと直球過ぎるので、このあたりに棲んでいる(と思われる)スズキにしたのではないかと。
[PR]
by narrowboat | 2016-08-10 09:43 | 日本の運河と川 | Comments(0)
c0027849_117138.jpg

八丈島に家族がいる関係で、頻繁に利用している東海汽船の「橘丸」ですが、
レストランに朝食メニューができていました。

これまで、いわゆる「モーニングセット」的なものはなく、
トーストとコーヒーを別々に注文する、
またはそば、うどん類を食べるしかなかったのですけど、
トーストが400円、コーヒーが300円で計700円というのは、
ちと高すぎます。

が、この6月下旬に利用したときに、初めて500円の朝食メニューを発見。

内容は、ご飯、味噌汁、アジのフライという和食コンビ。
c0027849_115267.jpg

カウンターで待つこと数分、トレイに載った食事が出てきました。

船の厨房なんてシンプルだから、アジフライは出来合いだろうな、
と期待していなかったのですが、奥のほうからはフライヤーの音が響いていましたので、
注文を聞いてから揚げているのだと思います。

実際、口にしてみると、かなりの熱々。
アジも肉厚、衣も肉厚(笑)
ダイエターには、もう少し衣が薄いほうがありがたくはありますが、
500円という価格でのお得感はバッチリです。

ついでなら、同じ価格でコーヒー+卵+コーヒー程度の洋食メニューもやってほしいですね。

残念だったのは、後日また「橘丸」に乗った時、
この朝食メニューがまったく同じだったこと。
c0027849_1154390.jpg



















偶然だったのかもしれませんが、アジフライ以外のメニューもあるんでしょうかね?
材料の用意の関係で難しいかもしれませんが、いくつかのバリエーションがほしいところ。
そうすれば、次回の乗船も楽しみになります。
[PR]
by narrowboat | 2016-08-08 11:07 | 日本の運河と川 | Comments(0)
明治時代、東京の両国や高橋と千葉の銚子を結んでいた蒸気船、
「通運丸」の記事は何度か記事にしましたが、
その航路のうち、様子がよくわからなかった「新川」を見てきました。

「通運丸」の一般的なルートは、
両国(高橋)~小名木川~江戸川~利根運河(開通前は関宿経由)~利根川~銚子
と記述されたものが散見されます。

しかし、小名木川は隅田川と荒川を東西に結ぶ運河ですので、
荒川より先、江戸川までさらに東進しなくてはなりません。

その水路が新川というわけです。

こちらの情報によれば、元々このあたりには自然河川が存在していましたが、
船の航行には不便だったため、流路を直線化、
すなわち「運河」建設工事を行ったのだとか。

その命を出したのは徳川家康。
家康による小名木川の掘削は知っていましたが、
この新川もほぼ同時に開通したようです。

家康は、カナル・プロモーター&ビルダーとして、
もっと注目されてもよい人物なんじゃないでしょうか。


今回は、都営新宿線の船堀駅で下車し、徒歩で新川へ向かいました。
駅前の大通りを南下すると「宇喜田橋」で新川とクロスします。
c0027849_21131797.jpg

ウキタと言えば、関が原の合戦で秀吉側に最後までついたのが災いして
八丈島に流刑された宇喜多秀家を思い出させますが、
この記事によると、直接関係はないようです。

川辺に下りると、両岸に遊歩道が設置されていました。
c0027849_16434593.jpg


所々にある案内図。
c0027849_16414582.jpg

川沿いには桜が植樹されていて、花見シーズンは賑わうんでしょうね。

ところで「船堀」というのは、運河ファンには聞き捨てならない(笑)名前です。
新川も、昔は船堀川と呼ばれていたそう。

宇喜田橋から川の西端の出入口まで歩いていくと、船のオブジェが現れます。
まず「通運丸」。
c0027849_16441170.jpg

「通船」と呼ばれていた定期船。
c0027849_16443213.jpg
「通運丸」に比べると小型?
東京~銚子間を、時に夜通しで走った「通運丸」に対して、
比較的短距離に就航していたようです。
時期的にも、「通運丸」より遅い大正時代、
鉄道がどんどん開通して、長距離の「通運丸」の客足が減ってからのことでしょう。

「高瀬舟」は、江戸時代から使用されていた小型の貨物船。
c0027849_16445377.jpg

これらの船と新川の歴史が、この碑に刻まれていました。
c0027849_21274474.jpg


徒歩10分ほどで「西水門」に到着。
c0027849_1645732.jpg

残念ながら、水門はすでに取り壊されていて、
このような注排水施設があるのみ。
c0027849_16473451.jpg
もちろん、江戸川との間の船の出入りもできません。
かつてはここに水門があったのですが、もっぱら地盤沈下を抑えるために水位の調整をするのが目的で、
船の利用は想定していなかったようです。

こちらが、在りし日の西水門の写真。
c0027849_2138088.jpg

水門の一部が、モニュメントとして残されています。
c0027849_21384162.jpg

広場にある火の見櫓。
c0027849_16462421.jpg

当時、こんな櫓がここにあったわけではなく、
お江戸の雰囲気を出すために近年建築されたものでしょう。
本来、ここは江戸川とのジャンクションですから、
灯台のようなものがあってもおかしくはないですが、
江戸時代、そして明治、大正と、航路標識のようなものがあったのかどうかは不明です。

週末には火の見櫓の見学も可能です。
c0027849_164640100.jpg

水門の外側、荒川沿いには警視庁湾岸警察署の派出所がありました。

湾岸署は、警視庁の中で唯一船を所有する水上安全課があるそうです。
c0027849_21515815.jpg
ジャンクションに派出所とは、まるで「船番所」みたいですが、
ここに立地しているのは、単なる偶然なのかもしれません。
c0027849_1648437.jpg


ここで突然の豪雨に見舞われましたが、
小止みになったところで、新川沿いを東へ、
すなわち江戸川方面に歩きます。

川にせり出したテラス。
c0027849_21545233.jpg

歩行者と自転車専用の木製の橋も多いです。
c0027849_21555130.jpg

川の下を駐車場として利用している所も。
c0027849_21563421.jpg

遊歩道の植物は、パブリックスペースなのか、個人の庭なのか、
すでに混ざり合っているようです。
c0027849_21574924.jpg

植樹された桜も、ソメイヨシノだけではありません。
c0027849_21585839.jpg














昔、桜の記事を雑誌で書いたことがあるのですが、日本の桜は、秋の一時期を除いて何かしらの種類が開花しているので、新川では1年を通して花見ができるのかも。


新川の遊歩道は約3kmありますが、
そのほぼ中間点にあるのが「新川さくら館」
c0027849_2241576.jpg

中にはカフェもあって、さくらのケーキとコーヒーのセットをいただきました。
c0027849_225468.jpg
こういう施設を区営(おそらく)で設置するとは、江戸川区もなかなかやります。
30分ほど休憩して、再び川の旅を続けます。

この東屋は、目的は不明ですが、単なる休憩所のようです。
c0027849_2271271.jpg
さきほどほめたばかりの江戸川区ですが、
こんなに短い利用時間とは、お役所的でいただけません。
c0027849_2281084.jpg
もっとも、時間が来たらどうやって閉鎖するのか、よくわかりません。

船が着けそうな階段。
c0027849_2294765.jpg
春の花見の時期など、船が出るのでしょうか。

カモもここを住処にしているようです。
c0027849_22112530.jpg


この橋は、上面が広場になっている「花見橋」で、そのネーミングから、
おそらく花見のシーズンにはイベントなんかが開催されるのではないでしょうか。
c0027849_22122164.jpg
橋下のクリアランスがとても低く、船が通過できそうもないのが残念。

終点の東水門の手前にある新川口橋が見えてきました。
c0027849_22165945.jpg

水門の向こう、江戸川からは轟音を立てて水が流れ込んできていますが、
西水門と同様、船の出入りはできません。

新川口橋の上の児童公園には、こんな立札がありました。
c0027849_22192863.jpg
このあたりで梨が栽培されていたとは。

写真ではよくわかりませんが、東水門の内側は屋形船の船溜りになっていました。
c0027849_22213346.jpg

江戸川側から水門を撮影。
c0027849_22204074.jpg


航路としてはすでに「死んでいる」新川ですが、
閉ざされた水路だからこそ、もっと船を使った遊びが通年で行われていてもよさそうな気もしました。
[PR]
by narrowboat | 2016-08-02 22:30 | 日本の運河と川 | Comments(0)

亀島川河口付近の係留所

知人のカメラマンの写真展に行く途中、
亀島川にかかる高橋から係留所を撮影しました。
c0027849_15545370.jpg

鉄道駅で言うと八丁堀付近、
このあたりはよく飲みに来るエリアなのですが、
夜は川面を見ることもなく、赤ちょうちんに吸い寄せられてしまう次第でして(笑)

対岸には広い遊歩道も設置されています。
c0027849_1555986.jpg


下の写真の奥に見えるのが南高橋、
そのさらに向こうが隅田川なのですが、
そこまで遊歩道が連続していないのが残念です。c0027849_1555254.jpg

[PR]
by narrowboat | 2016-08-02 15:55 | 日本の運河と川 | Comments(0)

筑後川の鵜飼舟

今年3月のことになりますが、福岡県に仕事で行った折、
原鶴温泉で鵜飼の船を見かけました。
c0027849_1095654.jpg


その時はシーズン前でしたが、ちょうど今頃はやっているようですね。

こうやって2艘並べて双胴船みたいにした舟は、
観光客を乗せるためのものでしょうか。
c0027849_10132297.jpg


鳥を使って魚を獲らせる、なんて日本ならではの漁法かもしれませんが、
イギリスなんかだと、動物保護の観点から異論が出るかもしれませんね。
[PR]
by narrowboat | 2016-07-01 10:15 | 日本の運河と川 | Comments(0)
かなり前に品川の物流博物館で購入した「通運丸」のペーパーモデルが、
まだ手を付けられていなかったことを発見し、細々ながら製作を開始。
先日、ようやく完成しました。
c0027849_15171474.jpg

「通運丸」は、1877年(明治10年)に初めて進水した旅客船で、
第一号は東京の両国と千葉の銚子の間に就航、
その後、42号まで生産され、おもに東京と千葉の間を結んでいました。

両国から銚子までのルートは、
隅田川から小名木川、旧中川を横切って荒川に出ます。
荒川を横切るように進むと、今度は船堀川(新川)を使って江戸川へ。

江戸川を北上して、銚子に至る利根川に入るには関宿が分岐点なのですが、
1890年(明治23年)に利根運河が開通すると、大幅なショートカットが可能になりました。

当時は夜行船もあったようで、
利根運河の河岸には船宿が並び、置屋もたいそう繁盛したそうです。

しかし、ほどなく鉄道(現在の総武線)が開通すると、
船の需要は減退して、最終的にはすべて姿を消してしまいます。


話が「通運丸」の歴史になってしましましたが、
今回製作したこのペーパーモデルは、外輪のカバーが2種類用意されていて、
ひとつが「通運丸」、もうひとつが「銚港丸」です。
c0027849_9582455.jpg

「銚港丸」というのは、千葉県の木下(きおろし)をベースにする吉岡家が所有していた船で、
木下~銚子間を往復していたそうです。

船型がまったく同じということは、
おそらく同じ造船所で造られたものなのでしょう。

モデルをなんで「銚港丸」にしたかというと、
単にカバーのデザインがかっこよかったからです(笑)。


それにしてもこのペーパーモデル、
切る部分がやたら細かく、張り合わせも難儀で、
自他ともに不器用を認める私には苦行でした。

なんとか完成まではいったのですけど、
最後の組み立てになって、その外輪カバーのラインがずれていることが判明。
c0027849_15175178.jpg

ここまで行っちゃうともう修正不可能なので、
自らを笑い倒して諦めます。

それにしても、こんな内水航路が明治時代にあって、
東京周辺に「運河時代」が存在していたとは。

もう10年以上前ですが、「通運丸」のルートを小型ボートで旅した記録はこちら
[PR]
by narrowboat | 2016-05-07 15:19 | 日本の運河と川 | Comments(0)