イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

再び大阪

先週もまた大阪に出張でした。

インタビューの仕事だったんですが、

ついでに「大大阪」で大阪セミナーの打ち合わせをば!


c0027849_1812854.jpg

中之島から見る堂島川、土佐堀川の風景は、

東京とはまったく違う趣で私は好きです。

荒川や隅田川はもっと広いのですけど、

その分船には優しくない雰囲気が漂う。


船のためにある川。

そんな感じでしょうか。
[PR]
by narrowboat | 2007-02-26 18:13 | 日本の運河と川 | Comments(0)

伊東に行ってきました

某誌の取材で、伊東に行ってまいりました。

c0027849_224853.jpg

マリーナ周辺の取材だったんですが、
ここは「道の駅」も併設されているので、
ボートを降りたらそこにレストランやショップがずらり。



c0027849_22493383.jpg

日帰り温泉だってあります。

これだけ水辺と近い場所に充実した施設があるなんて、
日本も捨てたもんじゃないですね。




c0027849_2250521.jpg
ランチは伊東市内で、
アジ丼でした。
[PR]
by narrowboat | 2007-02-15 22:50 | 日本の運河と川 | Comments(0)

デジカメ専用レンズ購入

数年ぶりに新しいレンズを購入しました。

シグマのデジタル専用レンズ、
18-200mm 3.5-6.3 DC

私がデジタル専用レンズを買うのは初めてなのですが、
ズームを購入するのも、
20年ぶりくらいじゃないでしょうか?
c0027849_13115915.jpg


購入したのはマップカメラの通販。

実は数日前、
新宿の店舗で手にとってみたものの、
相変わらずの決定力不足的性格で購入には至らず。
一晩考えて、
まったく同じ商品を通販で、
という無駄な行為をしてしまいました。

値段は35000円ほどなんですけどねぇ・・・・・
あ、もちろん中古ですよ。
それさえ悩む、金のなさが辛い今日この頃orz



ところで、取材にはほとんど単玉しか使わない私がこのレンズを購入したのには、
いくつか理由があります。

1.持ち歩きに便利
ナローボートの取材をするとき、
船の上ではくつもレンズを用意しておけるのですが、
パブなどに行くときには軽装がいい。
これならレンズ1本で済ませられます。

2.持っているコンパクトデジカメの使い勝手が悪い
1.の目的のためにニコンのE5000というコンパクトを持っているのですが、
ピントが合いにくいなど、
どうも使い勝手が悪いんです。
そこで、いっそ一眼レフを持ち歩くやり方にシフトしようかと。

3.D70なら、この程度のレンズで構わない!
数年前にF100の代替として入手したD70。
ニコンの普及版デジカメとしては評判が高いのですが、
ファインダーが小さくて見にくいことこの上ない!
正直、いくら明るいレンズでも
ピントの山がわかりません。

だったら、もうAF任せにしてしまったほうが潔い。

だったら、単玉にこだわる必要もない。

だったら、純正にこだわる必要だってない。

実はニコンの同じ焦点距離のレンズがあるのですが、
なぜか人気が高く、
予約して数ヶ月待ち状態だとか。
しかも販売価格は8万円を超えるというのです。

アナログ時代、
倍率の高いズームは避けていた私にとって、
18-200mmなんていうウルトラ高倍率ズームが8万円なんて、
想定の範囲外もいいところです。



そんなわけで、
コストパフォーマンスだけを考えて購入したのが、
今回のレンズでした。


本当は、
子供をとるのに一番便利だから買ったんだったりして(^^;
[PR]
by narrowboat | 2007-02-05 13:12 | 運河取材 | Comments(2)
雑誌の取材が京都であったついでに、

3月の大阪セミナーの打ち合わせをしてまいりました。


今回の会場でもある大阪肥後橋の喫茶店「大大阪」。

そこで店長を務める吉崎さんと、

当日の段取りや機材についての打ち合わせです。


打ち合わせの後、

吉崎さんに新世界に連れて行っていただきました。
c0027849_21135240.jpg


彼女がお気に入りだという串かつ屋さんを目指したのですが、

あいにくこの日は休業。

そこで、隣にある「だるま」に入りました。
c0027849_21141937.jpg

人気店なので15分ほど並んで着席。

c0027849_21202450.jpg

とにかく狭い店です。

というか、串かつ屋さんっていうのはこんな感じのところが多いみたいですね。

お会計は、2人で20本ほど食べて3000円ちょっと。



この夜はそのまま関西空港へ向かい、

JAL最終便で東京に向かった私ですが、

ついで(?)なので、

今回関西で食べたものログ。



中山寺のバリ料理店「チャナンサリ」で食べたランチセット。

ミーゴレンとサラダ。

c0027849_2118295.jpg


おまけに「テンペ(インドネシア納豆)のてんぷら」をサービスしていただきました。

c0027849_2118508.jpg









京都のラーメンの名店「天天有」の「角ラーメン」。

c0027849_2119562.jpg
烏丸の支店にて。

言われているほど美味くなかったけど。










「自由軒」のハイカラセット。

c0027849_21192011.jpg
今やレトルトにもなっている自由軒のカレーにハンバーグやコロッケをセットにしたもの。


天保山マーケットプレイスにある「なにわ食いしんぼ横丁」内のショップです。

c0027849_21194413.jpg




最後、関西空港では「蓬莱」の豚まんを買っいます。

閉店間際だったのでチルドは売り切れでしたが、

翌朝、レンジで暖めたらそれなりにおいしく食べられましたよ。

c0027849_212059.jpg

[PR]
by narrowboat | 2007-02-02 21:24 | 英国運河とナローボートの旅 | Comments(0)