イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0027849_1844682.jpg


2009年秋の取材では、ビッドフォードに停泊中のウォーキーズ号に泊めていただきました。

ビッドフォードは、ストラトフォード・アポン・エイボンからバスで30分ほどいったところにある村。
ここにあるハイヤーボート会社とキャプテンプーク・カナルボートのブラウン夫妻が懇意にしていることもあり、
私も何回も来たことがあります。


都市部から比較的近いのですけど、水も緑も豊かなエリアです。

訪問時は秋真っ盛りで、紅葉が夕日によく映えていました。
c0027849_1846351.jpg



エイボン川にかかる石橋は、中世時代からのものだとか。
c0027849_1847169.jpg



橋からボートヤードの方向を見てみます。
c0027849_18473948.jpg



水鳥が飛び立っていきます。
c0027849_18481541.jpg



地元のクラブでしょうか、カヌーの練習をしていました。
c0027849_18484643.jpg

[PR]
by narrowboat | 2009-12-29 18:48 | 2009年取材旅行 | Comments(6)

別府の街中係留所

先日まで、出張で別府に長期滞在していました。

別府は海が目の前、
しかも繁華街のすぐ前に桟橋があり、
プレジャーボートが利用できるようです。
c0027849_1822429.jpg


海岸線には、大学の体育会が使っているらしいヨットが並んでいました。
c0027849_1824845.jpg


この桟橋、最近できたようでかなり立派なのですけど、
利用率はかなり低い。

公費を使っての建設であれば、
かなりもったいない感じがしました。
[PR]
by narrowboat | 2009-12-20 23:12 | 日本の運河と川 | Comments(2)

今年のストラトフォード

今年の取材でも、ストラトフォード・アポン・エイボンに寄ってきました。
c0027849_22231185.jpg


昨年行った時は水辺の周りの公園で工事が行われていました。
それがほぼ完成したようです。
c0027849_2225067.jpg


この写真ではわかりにくいですが、
周囲の雰囲気はかなり変わりました。
モダンになったというか、風情がなくなったというか。


特によくないのが、この橋。
c0027849_22261966.jpg


昔の橋のほうがよかったですねー。


エイボン川沿いのロイヤル・シェークスピア劇場は改修中でした。
c0027849_22283931.jpg


道路側はこんな感じ。
c0027849_22312978.jpg


劇場は営業中みたいですね。


名物のチェーン式フェリーに久々に乗ってみます。
c0027849_2231174.jpg


運転士(?)は若い女性でした。
さぞかし大変な仕事のように見えましたが、
iポッドを耳にしながら、楽しそうでもあります。
[PR]
by narrowboat | 2009-12-16 22:29 | 2009年取材旅行 | Comments(1)
ロムニー、ハイス&ディムチャーチ鉄道の取材の帰り、
偶然にもロイヤル・ミリタリー・カナルを見ることができました。
c0027849_2241542.jpg


ドーバー海峡にほど近いこの運河は、
ナポレオンのブリテン島侵攻を阻止せんがために建設されたものです。

海岸線に沿って運河を掘ることで、
上陸してくるであろうフランス軍を食い止め、
さらには運河に船を並べて迎撃しようと企てたのです。

いま考えれば突飛なアイディアですが、
当時のイギリス政府としては真剣そのものだったに違いありません。


現在は、運河とは言うものの、
BWの管理下ではなく、
またほかの運河ネットワークともつながっていないので、
航行可能とは言いがたいです。

c0027849_22484887.jpg


ただ、手漕ぎボートの貸し出しはやっているみたいですね。
カヌーも大丈夫みたいです。


周辺は公園になっていて、
散歩している人も多かったですね。
c0027849_22531100.jpg

[PR]
by narrowboat | 2009-12-10 22:35 | 2009年取材旅行 | Comments(0)

横浜運河クルーズ

少し前の話になりますが、
横浜の運河エリアのクルーズにお誘いを受け、
参加してきました。
c0027849_21441776.jpg


このあたりは、言わずもがな、日本一の港ヨコハマ。
昔ながらのシビレル形の倉庫も、
数は少ないが残っています。
c0027849_21553394.jpg


子安周辺は、かつて漁村だとか。
水辺に家が隣接しているのは、
そのときの名残だそうです。
c0027849_2158832.jpg


今だったら建築関係の法律でアウトでしょう。
でも、水辺の家って、いいですよね。


水路の中には浅瀬も多く、
前方を注視しながらゆっくりと進みます。
c0027849_21591713.jpg



米軍の舟艇を修理する浮きドックもありました。
c0027849_2201623.jpg



そうやって、約90分のクルーズが終わったわけですが・・・・・・
c0027849_221872.jpg



この桟橋に帰ってきたところで、
私たちの船が指定のバース(船着場)と違う!
と怒鳴り込んできた恐ろしげなオヤジが出現。
まさにヤクザの形相で怒鳴りつけていきました。

聞けば、ここを予約していたのは彼らのヨットクラブとのこと。
それはわかりますが、単に諭せばいいだけで、
大声上げて怒鳴りつけられる筋合いのものではない。

胸にY○Cとやら刺繍のあるこの集団、
何でも日本でも老舗のヨットクラブだとか。

こんなヤクザ集団が跋扈し、
仕切っている日本の水辺。
ここに未来はありません。
[PR]
by narrowboat | 2009-12-06 21:46 | 日本の運河と川