イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

見沼代用水路(行田)

昨年テレビでやっていた情報番組で気になった埼玉県行田市にブロンプトンで行ってきました。

昨今は「B級グルメ」で売っているというこの行田、
私もそれを目当てに行ったのですけど、
実は利根川から見沼代用水路が分岐しているのがここだったんですね。
現地に行ってから、初めてそのことを知りました。

ここが利根川と代用水路のジャンクションです。
c0027849_18133626.jpg

向こうに見えるのが利根大堰。
代用水路は手前に流れ込んでいきます。

手元の資料『見沼~その歴史と文化~』(浦和市郷土博物館編)によると、
この見沼代用水路の掘削が行われたのは18世紀。
時の将軍、徳川吉宗が幕府の財政再建のために新田開発を奨励し、
その一環として、現在の埼玉県見沼周辺が開墾されることになり、
水の確保のために水路建設が計画されたということです。

工事の開始は1727年8月(享保12年)、完成は翌28年2月。
なんと半年あまりで60kmもの水路を完成させるという、まさに「突貫工事」でした。

さて、この「見沼」と聞いて、私はあのロック(閘門)を思い出しました。
行田から南にずっと下った見沼には、
日本で初めてといわれるポンド・ロックがあるのです。

上記の資料にある地図を見ると、
見沼代用水路は途中の瓦葺掛渡井というところで2つの水路に分岐し、
それぞれ「東縁」「西縁」という名前がついています。
その中間に自然河川である芝川があり、
これら3つの川が南北にほぼ平行に走っている格好になっていますが、
3つを東西に移動できる「運河」が建設されました。
これが「見沼通船堀」です。

この堀のルートには高低差があり、そこにロックが設けられたというわけです。

現在はもう舟は通っていませんが、
こちらのサイトによると、毎年8月下旬にはロックの実演があるそうです。

ところで、行田のB級グルメとは?
[PR]
by narrowboat | 2011-02-25 18:24 | 日本の運河と川 | Comments(0)
このブログでも先日ご紹介したロンドンの運河での取材が、
『自転車と旅』(Vol. 3)に掲載されました。

記事は、まずストラトフォードからエイボン川をナローボートで下ります。
利用させてもらったのは、
もちろんナローボートガイド社(旧キャプテンプーク・カナルボート)
アット・イーズ号。
c0027849_6545183.jpg

昨年竣工したばかりの新造船です。

アンディ&あつこさんにも試乗していただきました。
c0027849_6553729.jpg

ここは、エイボン川沿いにある隠れた名所、ウェルフォード。
萱葺き屋根の、趣のある家が並ぶ静かな村です。


さらに、ロンドンではリージェンツ運河を完走。
c0027849_657745.jpg

ライムハウス・ベイスンからブレントフォードまで、
トゥパスをのんびり走ったときのレポートが掲載されてます。


こちらに掲載されている記事で私が乗っている自転車、
実はこのときイギリスで購入したものなんです。

ブロンプトンという、日本でも人気の高い折りたたみ自転車なのですが、
他の多くのブランドと違って完成車輸入なので値段がやたら高い!
でも、今はポンド安のこともあり、イギリスでは日本の販売価格の30%オフくらいで買えるんですね。

そのブロンプトンの本社がリージェンツ運河の終点、
ブレントフォードにあるんです。
c0027849_6573114.jpg

もちろん、買ったのはこの本社ではないのですが、
運河を走りきって最後に里帰り、みたいな感じになりました。
[PR]
by narrowboat | 2011-02-16 06:58 | 運河の本、ビデオなど | Comments(0)

トイレだらけ

日本橋川、亀島川といった都心部の河川を歩くと、
橋詰という橋詰に公衆便所がある。
c0027849_18394642.jpg

これは中央区側。
トイレって区ごとに整備されていると思うので、
区によって違うと思ったのだが、
永代橋を渡った先の江東区側にも。
c0027849_18412319.jpg


江戸時代、橋詰は見世物小屋や飲食店が集まり、
水辺の賑わいの拠点だった。

今では、出すほうの「拠点」ってわけですか?
[PR]
by narrowboat | 2011-02-14 18:43 | 日本の運河と川 | Comments(0)