イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

9月半ば、イギリス取材に行って来ました。

運河関係に関しては、とりたてて取材すべきテーマはなかったのですが、
やはり現状を見ておかないと、ということで、
いくつかの場所を回ってきました。

今回はストラトフォード・アポン・エイボンのレポートです。

いつものようにナローボートガイドの「AT EASE号」にお邪魔しました。ちょうどストラトフォードのベイスンBasin(船溜り)に停泊していたので、町中へのアクセスも便利でした。
c0027849_06025470.jpg
SNSなどでもお知らせしたように、今年はかなり忙しかったようで、
9月もまだまだ予約が入っており、
その合間を縫って1泊のみさせていただいた次第です。

ベイスン内には、何年か前から
エイボン・ナビゲーション・トラスト Avon Navigation Trust(ANT)
の案内ボートが定位置に停泊しています。c0027849_06020592.jpg
イギリスの運河と河川のほとんどを管理しているのは、
カナル&リバー・トラスト、通称「カートCART」ですが、
エイボン川を含めてその管理外の水路があり、
改めてライセンス(通行許可証)を購入しなくてはなりません。
この案内ボートでは、運河の地図の販売などのほか、
ライセンスも販売しています。

「AT EASE号」の隣に停泊していたハイヤーボートが出航していきます。


ナローボートガイドと懇意にしているというホテルボート、
Bywaterが入ってきました。
c0027849_06020522.jpg
ホテルボートというのは、
操船や料理などの作業はすべてスタッフ任せのナローボートで、
システムとしては、いわゆるクルーズ船と同じです。
多くは、2艘が一対になって航行しますが、
それは乗客数を多くするためと同時に、
貨物船時代だったナローボートのスタイルも踏襲しているのです。
当時のナローボートは、エンジン付きの「モーター」ボートが、
エンジンのない「バティ」ボートを引っ張っていました。
このホテルボートも、煙突が付いているほうがモーターです。
(ちなみに貨物船時代は、バティにも煙突が付いていますが、
それは煮炊き用も兼ねたストーブのものです)

いつもは前後でクルーズしますが、
係留時には左右に結ばれて入ってくることもあります。

ベイスン名物のアイスクリームボート。こちらは古くから係留している老舗。
c0027849_06511243.jpg
一方、2年前に来たときにはいなかった新参者も。c0027849_06500501.jpg
バゲット(サンドイッチ)ボート。c0027849_06500595.jpg
老舗のレストランボートc0027849_06500525.jpg
これも2年前まではいなかった大型のトリップボートも新参していました。c0027849_06500552.jpg
AT EASE号を離れて、ストラトフォード運河のほうへ歩いていってみると、ハイヤーボートがストラトフォード運河を登っていきました。


ベイスンとエイボン川をつなぐロック。
c0027849_15590969.jpg
いつものように、たくさんの見物客の中、ナローボートやトリップボートが出入りしています。

エイボン川にもムーアリング(係留所)にも多くのナローボートが停泊しています。c0027849_16022001.jpg
9月に入ったというの日差しがまぶしく、テントまで持ち込んで釣りを楽しむ人も。c0027849_06020597.jpg
エイボン川を渡る人力フェリー。c0027849_06020533.jpg
水の中に通したワイヤーをギヤでたぐりながら進みます。
こちらは、さきほど紹介したANTの作業ボートですね。c0027849_06020677.jpg
エイボン川に入って初めてのロック、Trinity Lock。c0027849_06020641.jpg
ちょうどボートが通過していくところでした。c0027849_06020661.jpg
エイボン川は自然河川なので、洪水等の危険があると、航行が制限されます。c0027849_06020634.jpg
日本に比べると自然災害が少ないイギリスですが、
最近は温暖化の影響なのか、洪水が各地で多発しています。
エイボン川でも毎年のように起きていて、
特に営業でボートを航行している会社には悩みの種となっているようです。
[PR]
by narrowboat | 2014-09-29 16:31 | 運河取材 | Comments(0)

今夏の扇橋閘門一般公開

昨年に引き続き、今年も扇橋閘門(ロック)の一般公開に行ってきました。
c0027849_06452820.jpg
c0027849_06450721.jpg
公開の様子は昨年とまったく同様。
お役所ですから、行く前から予想はついていましたが(笑)
c0027849_06452280.jpg
そういえば、2006年にはボートでも通過していました。

こちらが管理棟3階にある制御盤。
c0027849_06452056.jpg
1日に3回ほど、注排水の実演が行われたようです。

江戸時代と水路との対比地図。
c0027849_06571540.jpg
これはなかなか興味深かったです。

夏休み中の週末、数回にわたって公開されますが、
日を限定して、もう少しお祭りっぽくするほうがよいかもしれません。
c0027849_06451498.jpg
「ロック饅頭」なんか売るとか(笑)

あと、敷地は広いので、ボーネルンドなんかを巻き込んで、
巨大な「アクアプレイ」で子供たちを遊ばせるのもおもしろいです。

管理室には、小名木川周辺で捕獲されたハゼが。
c0027849_06451785.jpg
こちらのブログにも書きましたが、
内部河川や運河は、水辺の生き物の「環境回廊」としての役目も担っています。
そのあたりはイギリスの運河と同じです。

[PR]
by narrowboat | 2014-09-03 06:55 | 日本の運河と川 | Comments(0)