イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

見沼通船堀ロック実演

8月27日、自転車の仲間に誘われて、
埼玉県にある見沼通船堀閘門(ロック)の実演を見てきました。
c0027849_06263230.jpg
ロックそのものは2011年に訪問してこの記事を書いていますが、
年に1度だけ、船を浮かべた実演が開催されます。
いつも終わってから知ることが多いので、今回はラッキーでした。

見沼通船堀のパンフレットによると、
通船堀を含む水路「見沼代用水」が建設されたのは徳川吉宗の治世で、
幕府の財政再建のために開発された新田に水を供給するため、
この用水路が必要だったわけです。

つまり、これは運河としてではなく、農業用水路として造られたわけですが、
せっかくなので(?)、船も通そうということになり、
ロックが必要になりました。

実演当日、JR東浦和駅からロックまで歩いていきます。
c0027849_06052435.jpg
「雨天中止」となっていますが、霧雨程度だったこともあって、
決行されましたね。

現地に到着すると、小雨の中、かなり多くの人が集まっていました。
c0027849_06053381.jpg
ロックは、芝川を挟んで「東縁」「西縁」の2ヶ所あって、
実演が行われるのは東縁のほう。

また、ボトムゲート(下流側の閘扉)を「一ノ関」、
トップゲート(上流側)を「二ノ関」と呼んでおり、
この2つのゲートの中がチャンバー(閘室)になります。

チャンバーに水を貯めるには、まずボトムゲートを閉めるわけですが、
その方法が大変ユニーク。
扉ではなく、細長い板「角落」を何枚も落とし、
積んでいくのです。

3人の人足役が、「枠抜き」という長い棒を器用に扱いながら、
板を積んでいきます。
c0027849_06254995.jpg
c0027849_06255852.jpg
実際にトップゲートを越えられるまでにするには、
10枚ほど積まなくてはいけないそうですけど、
実演では5枚程度だったように記憶しています。


船が通れるほどの深さになりました。
c0027849_06262911.jpg
実際は、もっと水を貯めて、トップゲートから出て行くはずですが、
そこまでやると果てしない時間がかかるそうなので、
船が行き来できる程度で実演は終了。


ここまででも30分近くかかったと思いますから、
江戸時代の当時は、通過に何時間もかかったのでしょう。

最後には、ここで歌い継がれている船歌も披露されました。


ついでながら、こちらが西縁。
c0027849_06261788.jpg
ロックの通船を差配していたのが運河沿いに建つ鈴木家で、
その中も公開されています。
c0027849_06263640.jpg
実演で使われていた船は、普段はこちらの艇庫に納められています。
c0027849_06264501.jpg
願わくは、ちゃんとロック通過までやってほしかったですが、
時間の問題もありますし、難しいのでしょうね。

[PR]
# by narrowboat | 2014-08-29 06:50 | 日本の運河と川 | Comments(0)
半年も前のことになりますが、
京都に出張で行った時、
ホテル近くにピッグ&ホイッスルというパブを見つけました。
c0027849_09552613.jpg





















お店は2階にあり、間口の狭さに対して、ホールはかなり広い。
カウンター席もあって、バーのような雰囲気で飲むこともできます。
c0027849_09552661.jpg














定番のフィッシュ&チップスは身がかなり大きく、コストパフォーマンス大でした。




近くには鴨川も流れていて、なかなかよい雰囲気のパブです。

[PR]
# by narrowboat | 2014-07-08 09:57 | 日本でパブ三昧 | Comments(0)

今年もアクアプレイ

スウェーデンの玩具会社、ボーネルンドのアクアプレイを、
今年も出してきました。
c0027849_2238141.jpg

小学校3年生の長男は友達の家に遊びに行ってしまっていて、
1年生の次男のみ。
だんだん、こういう遊びには付き合ってくれなくなりますねぇ・・・・・・。

ロックに注水。


ボートに動力は付いておらず、
こうやってパドルで水流を作り出して動かします。


プラレールのように、いろいろシステムアップはできるのですけど、
パーツが入手しにくかったこともあって、
このままでお蔵入りになる公算が大きくなってきました。

まあ、そうなったら、オヤジ1人で寂しく遊びますかね?
[PR]
# by narrowboat | 2014-06-22 22:44 | 雑感 | Comments(0)

Narrowboat Kyoto

今年1月から2月にかけて、仕事で京都に滞在したとき、
念願のNarrowboat Kyotoを訪問することができました。
c0027849_1021418.jpg

烏丸通りの裏にある小さなお店で、おもにバックを取り扱っています。

なぜ「念願」だったかというと、
「ナローボート」とPCで検索するとこちらのページが結構上位に出てくるので、
ずっと気になっていたからです。
サイトを見る限りではナローボートとの関連がよくわからないし、
ボート柄のバッグを販売しているわけでもなさそうな・・・・・。

京都での仕事が一息ついた某日、
古い友人たちと会ったのが、こちらの店の比較的近くで、
そのまま彼らを引き連れて訪問させていただきました。
c0027849_10341898.jpg

商品はこんな感じ。
かわいらしいデザインが中心ですけど、男性客も少なくないそうです。

オーナーの方は、かつてロンドン在住で、
そのときに見たナローボートの姿に一目ぼれ。
日本でお店を開くとき、「これしか考えられなかった」、
ということで店名に冠したのだそうです。

お店のサイトにあるロゴマークは、ナローボートを実に忠実に描写していますよね。
いずれは、ボートのデザインの商品も並ぶとよいですね。
[PR]
# by narrowboat | 2014-05-02 10:38 | 雑感 | Comments(0)

ハウステンボスの運河

3月末に家族で長崎のハウステンボスに行ってきました。

オランダの町をイメージしたテーマパーク。
オランダといえば運河、ということで、園内にも運河が張り巡らされています。

入場して、とにもかくにも運河の船に乗ります。
c0027849_6145246.jpg




広場に到着。
c0027849_1013472.jpg


c0027849_6173218.jpg

この船は乗ったものではなく、
到着地のタワーシティに係留されていたレストラン(おそらく)ボートですが。
ここには「ハーバーゲート」というロック(水門)があり、
園外の大村湾にそのまま出て行けます。
c0027849_1084960.jpg

閘扉もマイターゲートで本格的でした。
c0027849_10124689.jpg


エントランスからのボートがどんどん到着します。


タワーシティにはフードコートがあって、運河沿いにテラス席が設けられています。
c0027849_10153986.jpg

このあたりはヨーロッパの町並みをよく再現していますよね。
c0027849_10161217.jpg


運河の船を撮影してみました。
c0027849_10165452.jpg




上記のハーバーゲートとは別に、もうひとつ海への出入口があります。
c0027849_10294553.jpg

ハウステンボスの中には住居エリアがあって、
別荘などとして利用している人がいます。
住居には船着場も付いているので、
ボートオーナーはここを通過して海へ出て行くようです。
c0027849_10295954.jpg

リフトブリッジもありました。

なんだかイギリスの運河を思い出しますねぇ・・・・・。

「擬似運河」ではありますが、よい雰囲気ではありました。
[PR]
# by narrowboat | 2014-04-25 06:17 | 日本の運河と川 | Comments(0)
本年の「英国運河とナローボートの旅」セミナーが、
昨日、無事終了いたしました!

何十年ぶりかという大雪に見舞われた東京。
直前まで、どうなることかと気をもんでおりましたが、
雪なんてなんのその! 
熱心なお客様が駆けつけて下さり、スタッフ一同、感謝に堪えません!

まずは、イギリスでAT EASE号を運航する、
ナローボートガイドの主宰者、ブラウン夫妻のプレゼンテーション。


後半は、私もハイヤーボートについて解説させていただきました。
c0027849_21544075.jpg

天候的には最悪のコンディションの中、
それでも足を運んでくださった方々に、改めて御礼申し上げます。
[PR]
# by narrowboat | 2014-02-09 21:55 | 英国運河とナローボートの旅 | Comments(1)

京都の川と運河

仕事で京都に数泊滞在しました。
その合間に見た川や運河をご紹介します。

高瀬川に展示されていた木船。
c0027849_10163128.jpg
場所は宿泊先の三条京阪近く。
高瀬川は角倉了以・素庵親子が掘削した運河で、
酒蔵が多い伏見と通じています。
かつてはこうやって酒樽を運搬していたのですね。

京阪線藤森駅付近の琵琶湖疏水。
c0027849_10165141.jpg
こちらも運河。
琵琶湖と京都を船で結んでいて、
さらに南へと流れていきます。

そして宇治の船着場。
c0027849_10171063.jpg
お茶有名な宇治川ですが、ここには観光船があるようですね。
この日は雨模様で、水流も激しく、
運航されていないようでしたが。
[PR]
# by narrowboat | 2014-02-08 10:18 | 日本の運河と川 | Comments(0)
昨年に引き続き、「英国運河・ナローボートセミナー」を開催いたします。

ナローボートの旅を計画されている方、
ちょっと話だけでも聞いてみたいという方、
是非この機会にご参加ください。

c0027849_1551288.jpg
(写真は昨年のセミナーのものです)

●「英国運河とナローボートの旅」セミナー●

・期日:2014年2月8日(土) 14:30~16:30(開場14:00)
・会場:目黒区民センター社会教育館 第2研修室
 [会場の地図はこちら] http://yahoo.jp/913CfA
(クリックすると「目黒区立目黒区民センター図書館」が出てきますが、同じ敷地内です)
 [会場の概要はこちら] https://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/kyoiku_shisetsu/kumin_center/

・参加費:500円(茶菓子代、資料代) ※中学生以下のお子さんは無料です。

・お申し込み:お名前と参加人数を明記の上、以下までメールをお願いします。
 office-nampoo@gol.com (ナローボートガイド 秋山)


今回は久しぶりに、ナローボートガイド代表のアンディ・ブラウンもやって来ます。
セミナーの後は近くのイギリス風パブに繰り出し、
個人的なご質問などにもお答えしたいと思っております(ご希望者のみ、参加費は実費です)。

今回は、まだまだお座席に余裕がございますので、
みなさまのどうぞお気軽にご参加くださいませ!
[PR]
# by narrowboat | 2014-02-05 15:53 | 英国運河とナローボートの旅
動画の制作や投稿が大流行の昨今ですが、
イギリスの運河を管理するCanal & River Trustにもチャンネルがありました。

そこにアップされていた最新動画というのが、
ロンドンのカムデン・ロックCamden Lockのゲート交換作業風景。


イギリス運河のロック・ゲートは木製がほとんどなので、
一定期間で交換が必要になります。

ゲートに年代が書かれたプラーク(表示板)を時々見ますが、
それが交換された年になるんですね。

それにしてもゲートの交換ってかなり大規模な作業になるんですね。
今でこそ重機がありますが、昔は人力だけでやっていはたはずなので、
相当な苦労があったことでしょう。


ところで、週末には大きなマーケットも立つカムデンは、
日本のガイドブックにも載っているくらい有名ですが、
その中心にはリージェンツ運河Regent's Canalがあり、
リトルベニスLittele Veniceとの間の観光船の発着場にもなっています。

そのマーケットはロックミュージック系であることもあって、
カムデン・ロックの「ロック」をRockだと思っている人も日本では少なくないようですが、
実は閘門のLock。

こちらは2010年に私が撮影したもの。
c0027849_13442213.jpg

天気のよい休日はすごい人出で、
チャンバーに腰掛ける人も少なくありません。
c0027849_13455948.jpg










ロンドンのど真ん中ではあるんですが、
ハイヤーボートがほとんどいないこともあって、
トラフィックはそれほど多くもなく、
ボートが来たらどけばいいのでしょうね。
[PR]
# by narrowboat | 2013-11-27 13:48 | 英国運河とナローボートの旅 | Comments(0)
メールマガジンのほうにも書きましたが、
先日、自宅にブラックプリンス社Black Prince(BP)の2014年ブロシャーが届きました。

BPは、1998年に私が初めてナローボートに乗ったときに利用した、思いで深いハイヤーカンパニー。
その後も、取材で利用したり、お客さんを紹介したり、
何度もお世話になっています。

届いたブロシャーを見ると、現在は9カ所もベースがあって、
大手ハイヤーカンパニーの中でも一大勢力になっているようです。

新しいベースとして注目すべきはロンドンLondon、
そしてイースト・アングリアのイーリーElyでしょう。

市内にリージェンツ運河Regent's Canalがあり、
水上バスも運行されているロンドンですが、
ことボートを借りるとなると、ハイヤーカンパニーがなく、
なかなか難しいのが現状でした。

BPがリージェンツ運河上にハイヤーベースを持ったことで、
ロンドン市内のクルーズが身近になりました。

ところで運河の地図には、リージェンツ運河とテムズ川がリング(輪)を作っていて、
ロンドン市内をぐるっと一周できるように思えますが、
テムズ川のここ区間を航行するにはVHF無線が必要なので、
免許のないユーザーはテムズ川には出られません。


もうひとつの新ベース、イーリーが位置するイースト・アングリアには、
灌漑用に掘削された水路、その水源となっている自然河川が縦横に走っていて、
ボートの航行もできます。

中でも、BPがベースを構えているグレート・ウーズGreat Ouseと呼ばれているウーズ川には、
多くのプレジャーボートが行き来していました。

こちら、私が2008年に陸からイーリーに行ったときの写真。
c0027849_12344786.jpg

c0027849_1235369.jpg

当ブログではこちらで紹介しています。

イーリーでウーズ川といえば、
イギリス児童文学の中でも珠玉の名作といわれる『トムは真夜中の庭で』Tom's Midnight Gardenの舞台。

そのモデルとなった家の話はこちらで。

この話題、実は拙著『イギリス水辺の旅』に掲載されるはすだったのですが、
話のわからないチンプンカンプンな編集者に削除されてしまい、
せっかく書いたのにお蔵入りになってしまいました。

もっとも、この出版社・千早書房はすでに廃業しているようで、
粗悪な編集者はこの世界から自然淘汰(?)されたわけですが。
[PR]
# by narrowboat | 2013-10-09 12:36 | 英国運河とナローボートの旅 | Comments(0)