イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
c0027849_13413312.jpg


Welcome!

このブログは、イギリス運河でナローボートの旅を楽しむことに魅せられた、
私、秋山岳志が作成しています。

イギリスの運河とナローボートの話題について主に書いていきますが、
国内外その他の話題、プライベートやビジネスに関するお話もあります。

イギリスでナローボートの旅をしてみたいという方は、こちらのページにお進み下さい。
http://www.narrowboatguide.co.uk/

ナローボートに関する基礎知識については、
当ブログ作成者の著書をお読みください。


お仕事のご依頼やお問い合わせなどは、以下までお願いいたします。
hiramekarei〔アット〕hotmail.co.jp
(〔アット〕を@に差し替えた上でご利用ください)


《姉妹ブログ》
イギリス保存鉄道と『機関車トーマス』のブログです。
日本と海外(おもにイギリス)の自転車事情のブログです。

湖水地方旅行・ホテルのクチコミ

# by narrowboat | 2019-12-31 00:39 | はじめに

佐原の水路

仕事で、千葉県の佐原に行ってきました。

江戸時代、利根川の舟運で江戸とつながれていた佐原には、
当時としてはかなり遠隔地にあるにもかかわらず、
江戸で流行していた物品が運び込まれていたそうです。

そのため、川越同様、「小江戸」とも呼ばれていました。

現在は、小野川周辺の建造物がよく保存されていて、
町歩きに人気がありますが、
小野川を行き来するボートにも乗ることができます。
c0027849_21045635.jpg

















冬場は、ボートにこたつも入り、寒空の中でも温かく観光できます。
c0027849_21052069.jpg

















小野川にかかる、名物の「じゃあじゃあ橋」。
c0027849_21054684.jpg

















いわゆる水道橋ですね。
橋の中に水道管が仕組まれています。


佐原は、利根川のすぐ近くでもあり、
河岸にある大きな道の駅にも、小野川観光の船着き場があります。
c0027849_21102794.jpg

















敷地内には、昔使用されていた船が展示されていました。
c0027849_21060701.jpg

















この「たちばな」号は、動力のないボートを曳航するのが任務でした。

浅瀬でも座礁しにくいよう、スクリューがカバーでおおわれているのが特徴です。
c0027849_21061168.jpg


















利根川をはさんで、その対岸は、やはり水路で有名な潮来。
c0027849_21062957.jpg

















こちらは、あやめ祭りのシーズンこそにぎやかですが、
今は、訪れる人もなく、船着き場もひっそりとしていました。

# by narrowboat | 2019-02-04 21:18 | 日本の運河と川 | Comments(0)
あけましておめでとうございます。
本年も、当ブログをよろしくお願いいたします。

2019年も、年明けは隅田川七福神で始まりました。
c0027849_15020227.jpg

















今年もまた、老父と次男が参加。
85歳になる父親は、さすがに歩き切るのは辛いようで、
途中でリタイヤしましたが、
次男は、年男らしく? 完全制覇。
c0027849_15020182.jpg

















帰宅後、それぞれのご利益を言わずに、彼にご分体を並べさせたら、
昨年同様、寿老人がトップになりました。
c0027849_15020160.jpg

















金儲けよりも、長生きを志向する我が家です(笑)

昨年はかないませんでしたが、今年はクルーズに行きたいと思っております。

# by narrowboat | 2019-01-08 15:03 | 雑感 | Comments(0)
ヨット、ボートの専門雑誌『KAZI』に数年ぶりの寄稿。
イギリスの児童文学作家として高名なアーサー・ランサムの特集の中で、
その代表作『ツバメ号とアマゾン号』の舞台となっているコニストン湖を訪問した時の記事を、
同誌2019年1月号に掲載していただきました。

実際に取材したのはかなり前のことになりますが、
写真を選び、記事を書きながら、当時のことがいろいろ思い出されてきました。

今回の記事には使用されなかった、オフショットの数々。

訪問したのは10月でしたので、湖はかなり秋が深まっていました。
c0027849_10351281.jpg















「ラスキン博物館」のランサムのコーナー。
c0027849_10351191.jpg




























木製のディンギーは、まさに『ツバメ号とアマゾン号』から飛び出してきたよう。

物語の舞台を巡ってくれる『ツバメ号とアマゾン号』クルーズのデッキで、
寒空の中でもバウを占拠(笑)してカメラを離さなかったこの女性も、
おそらく熱烈なランサマイト。
c0027849_10351290.jpg















「ディクソンさんちの農場」とネーミングされたコテージ(貸別荘)。
c0027849_10351145.jpg




























でも、ランサムがモデルにした建物とは違うそうです。

フリント船長の蒸気船も湖を走ります。
c0027849_10351151.jpg





























滞在中の天気は良くありませんでしたが、
こういうミストが出てくれると、それも悪くないかなと。
c0027849_10351144.jpg














雨の後には、虹もかかります。
c0027849_10351155.jpg














『ツバメ号とアマゾン号』の冒頭で出てくる「ハリ・ハウ農場」のモデルになったバンク・グラウンド・ファーム
そのティールームでは、これだけの食事が食べ放題のシステムでした。
c0027849_10351279.jpg





























コニストンは、湖水地方の中でも行きづらい場所のひとつですが、
ランサマイトならずとも訪問していただきたい、素敵なところです。

# by narrowboat | 2018-12-08 10:54 | 雑感 | Comments(0)

川越・新河岸川

家族で川越に行った時、新河岸川のほとりにたどり着きました。
c0027849_21114752.jpg

















新河岸川については、ブログでも、
こことか、ここに書いていますが、
江戸時代、舟が江戸まで通っていた川です。

今でも川越名物になっている芋、
その他農産物を船で江戸まで運び、帰りは、江戸で流行りの着物や小物を積んでいました。

そのおかげで、川越のような山奥にも江戸の情報が伝わって、
江戸のようなにぎやかな街並み「小江戸」が生まれたというわけです。
c0027849_21114761.jpg

























今では、舟運の面影はまったくありませんが・・・・・。



# by narrowboat | 2018-12-05 15:40 | 日本の運河と川 | Comments(0)
今回のバンコク滞在では、在住の友人に1日付き合っていただき、
インド人街「パフラット市場」からチャオプラヤー川を歩きました。

パフラット市場では、ランチで入った店のすぐ横に運河が。
c0027849_22202130.jpg


















河岸では工事が行われていて、
その友人によると、船でも走らせて、運河を使った観光開発でもやるつもりなんじゃないかということでした。

食事をしながら見ていたら、何やら船が・・・・・。
工事で出た汚泥を運搬しているようです。
どんな形であれ、船が行き来している水路はうれしくなりますね。

ちなみにランチはこんな感じでした。
c0027849_22234151.jpg
c0027849_22233966.jpg
下の写真は、隣にあったお菓子屋さんにて。
激辛カレーの後に、激甘スイーツとは、さすがインド料理。


チャオプラヤー川では、定番のチャオプラヤー・エキスプレスに乗船。
c0027849_22205408.jpg

















川風を浴びながら、下っていきます。

王室の行事か何かで、一部区間が通行止めになっていて、
観光ボートの商売は上がったりです。
c0027849_22205319.jpg

















巨大なクルーズ船。レストランボートでしょうか。
c0027849_22205352.jpg

















フランス大使館の横にあった、レトロな建物。
何か、水運関係の施設だったのでしょうか。
c0027849_22205310.jpg

















水運局の建物も、いわゆる近代建築というか、コロニアル風というか、味があります。
c0027849_22205436.jpg

















警察のボート庫。
c0027849_22205320.jpg

















反対方向へのボートとすれ違います。
c0027849_22363219.jpg

















エキスプレスの終着駅、サパーンタクシン駅に到着です。
c0027849_22205475.jpg

# by narrowboat | 2018-11-18 22:38 | 海外の運河・河川 | Comments(0)
10月末、ラオスのサイニャブリ-にある象保護センターへ取材に行った折、
おもしろい船に乗りました。
c0027849_17060003.jpg

















センターは、ダム湖に浮かぶように設置されていて、
車を降りたところからセンターまで、またセンター内を、
このボートで移動することもありました。
c0027849_17060060.jpg

















船着き場がそのまま動くようで、ちょっとびっくりしましたが、
なんだか楽しくなりましたね。




まるで屋形船のようです。


湖は、水上レストランも。
c0027849_17060061.jpg

















せっかくですので、センター象さんの写真もちょっとだけ。
c0027849_17060099.jpg

# by narrowboat | 2018-11-09 17:10 | 海外の運河・河川 | Comments(0)

Barge Inn in Narita

成田空港に所用があった、その前日、
成田市にあるパブ「バージ・イン Barge Inn」で夕食を取りました。
c0027849_14224170.jpg












現在はイギリスにほぼ定住している、Narrowboat Guideのアンディ&淳子・ブラウン夫妻が、
かつて成田市の隣の佐倉市に住んでいたとき、
このパブによく行っていたそうで、私も当時、2回くらい入ったことがありますが、
それ以来ですので、少なくとも7~8年以上ぶりになります。

イギリス風、あるいはアイルランド風のパブは、今では日本でも珍しくないですが、
この店の名前は、ボーターにとっては特別な響きを持ちます。

「バージ」とは平底船の総称で、日本では「はしけ」とも訳されますが、
ナローボートもその1種と見ることができます。

「イン」は「旅籠」の意味、
つまり、「ナローボートの宿」というわけですが、
現在、宿は営業しておらず、パブだけが残っているというケースは少なくありません。

イギリスの運河沿いにはパブが点在していることは、拙著などでもよく書いていますが、
「バージ・イン」という名前の店は、複数あるのではないかと思います。

つまり、運河パブとしてはそれだけポピュラーな名前なのです。

成田の「バージ・イン」は当初、ヴァージン・グループの総帥、
リチャード・ブランソンが出資して開店しました。

ヴァージンは、カタカナで書けば「バージン」でもよく、
「バージン」と「イン」をちょっと短縮して「バージ・イン」、
バージンのパブ、となります。

リチャード・ブランソンは、創業時、運河(もしくは河川かも?)のボートに本社を置いていたことでも知られており、
彼自身の思い入れと、カタカナ表記の妙で、こんな名前にしたのでしょうね。

国籍や人種は問いませんが、バカな人は入店禁止です(笑)
c0027849_14224160.jpg













この夜の1杯目はギネス、2杯目はキルケニーという定番。
c0027849_14224295.jpg













フードは、これも月並みですが、フィッシュ&チップス。
c0027849_14224265.jpg












支払いはキャッシュオンが基本ですが、クレジットカードでの後払いも可能。

店の奥の方は、なにか客船の船内のようなデザインになっています。
c0027849_14224232.jpg












成田山などに行かれる方、また成田空港からの出発で、前泊される方など、
ぜひこのバージ・インでナローボートを思い出してくださいね。

# by narrowboat | 2018-10-21 14:30 | 日本でパブ三昧 | Comments(0)

沖縄海洋文化館

家族旅行で沖縄の海洋博公演を訪問した折に、
園内にある海洋文化館を見学しました。
c0027849_14294600.jpg




























日本最南部にあり、外部から様々な影響を受けてきた沖縄。
とりわけ、太平洋諸国やミクロネシアからの伝達されたものは多く、
それらを運んだ船の実物、レプリカ、模型がたくさん展示されています。
c0027849_14294624.jpg
















船舶専門のではありませんが、
船にテーマに含んだ博物館は日本では珍しいので、興味深かったです。

とりわけ目を引いたのは、展示ホール中央に据えられたこの「ラカトイ」。
c0027849_14294605.jpg
















パプアニューギニアで伝統的に使われてきた大型船で、
主に土器を運んで交易を担っていたそうです。

そのほか、ミニチュアもたくさんあって、
船やボート好きには楽しい博物館でした。
c0027849_14294619.jpg

# by narrowboat | 2018-08-30 14:33 | 雑感 | Comments(0)

2018年 アクアプレイ

スウェーデンの玩具会社、ボーネルンドのアクアプレイを出してみました。
c0027849_10063602.jpg


















子供がまだ小さい頃に購入したもの。
これまで、夏になると遊んでいましたが、子供も成長して、すっかり機会が減りました。

水路を組み立てて、その中に水を流し、ボートなんかを浮かべることができる、
いわば、水のプラレールといったところ。

まずは水路を組みますが、その前に、接続部の取り付けがあります。
c0027849_10063697.jpg


















内側にゴムを貼り、漏水を防いでいますが、
ここが面倒、というか、プラレールと大きく違うところでしょうか。

おもちゃなので、まったく漏水がなくなるわけではありませんけど、
ジョイント部をつなげるにはかなりの力が必要です。
c0027849_10063627.jpg


















組みあがりました。
c0027849_10063769.jpg


















ホースで注水します。
c0027849_10063504.jpg


















船には動力はついていないのですが、パドルを回して作る水流で、船が回ってくれる仕組みです。


c0027849_10100412.jpg


















最近はスマホやPCばかりになってしまった長男も、
昨年のナローボートの旅を懐かしんでか、出てきました。


次男が大好きなゴジラも投入して、「ゴジラ海に現る!」遊び。
c0027849_10100411.jpg


















水陸両用消防艇の水鉄砲をハイパーメーサー砲に見立てて、ゴジラを迎撃します。



ロックは、実物のシステムとはかなり異なりますが、
水位を合わせるという理論は同一。
c0027849_10100593.jpg


















ポンプがパドル代わりになります。


終わってみれば、やはり一番楽しんでいたのは自分自身。
でも、こうやって付き合ってくれた子供たちに感謝です。


# by narrowboat | 2018-08-13 10:33 | 雑感 | Comments(0)