イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

AT EASE号@Wilmcote

今年もブラウン夫妻のナローボート「AT EASE」を訪問してきました。

訪問したときはウィルムコートWilmcoteに停泊していたので、
ストラトフォード・アポン・エイボンから一駅鉄道に乗ります。

ウィルムコートのムーアリングは駅から徒歩30秒ほどなので、
実はストラトフォードよりアクセスは便利。

昨年訪問したときは、サインライティング(船の胴体に描く文字など)はまだでしたが、
今回はスターン部の船名はできあがっていました。
「時間がなくて、なかなか全部まで手が回らない」
とはアツコさんの弁。
c0027849_9585356.jpg


1泊させていただき、ロンドンに向かう列車に乗るまで船でゆっくりさせていただきました。
色々なボートがやってきましたね。
c0027849_9591272.jpg


中でも、たまげたのがこれ。
c0027849_9592998.jpg

わかります?
バウのキャビンに人が乗っているように見えますが、これ、人形なんですよ。

しかも自動で首が左右に動くようになっている!

ただでさえ狭いナローボートのスペースにこんなものを置くなんて、
どういうつもりなのかわかりませんが、
オーナーさんなりのジョークなんでしょうね。


このAT EASE号には、今月末からの家族旅行でもお世話になる予定です。

ご利用ご希望の方は、こちらのサイトからお問い合わせをお願いいたします。
[PR]
by narrowboat | 2011-07-15 09:59 | 運河取材 | Comments(0)