イギリスの運河ではナローボートという船を借りて、誰でも免許なしでクルーズが楽しめる。『英国運河の旅』、『イギリス式極楽水上生活』、『イギリス水辺の旅』の著者が具体的な旅のノウハウを伝授します。


by narrowboat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

飛び込み禁止・・・・・・!

c0027849_16493868.jpg
ポントカサステ水道橋にいったときのこと、
ここでなんと飛び込み自殺騒ぎが!

そのため水道橋の両側は封鎖され、
その前後にはボートの長~い列が・・・・・。

まったく人騒がせな事件でしたが、
話によると年に数回は自殺志願者が現れるのだとか。

ポントカサステが有名なのは、
ボーターだけではんかったんですねぇ。
[PR]
Commented by Y at 2006-07-29 20:41 x
すみませ~ん。トラックバックアドレスを間違えて新刊にかんするトラバをこっちに付けてしまいました。

しかしポントカサステから飛び込み(てか飛び降りですか?)。
考えてみれば無くはなさそうな話ですね。

ナローボートに関しては事故は少ないようなんですけどボート以外とからむ事故ってのはないんでしょうか?
Commented by lisalisa9 at 2006-07-31 10:47
こんにちは、その昔、何を考えたのか風の強い日に渡った事があります。
手すりも今以上にさびていた時でボロボロでグラグラしていて、歩きながら『ヤバイと思ったら運河に飛び込むのよ』と話したのを思い出しました。
Commented by narrowboat at 2006-07-31 11:01
たしかに!(笑)
運河に飛び込めば水深1メートルもないですから、
濡れるだけですもんね(;^_^A

最近チャーク城にも行かれたそうですが、
今回はポントカサステ渡らなかったんですか?
>lisalisaさん
Commented by narrowboat at 2006-08-08 21:00
ボート以外と絡むっていうと、
ドジな鴨がボートと岸の間に挟まれて首を折られ、
死んだのを見たことがあります。

死んだのはオスで、
メスが悲しそうにオスの周りをぐるぐる回っていたのには
涙が出ましたけど。

それにしても
相当ドジな鴨でしたね。
>Yさん
by narrowboat | 2006-07-23 16:43 | 運河取材 | Comments(4)